ひたちなか市で不動産を売る時のポイント

query_builder 2024/04/15 ひたちなか市 不動産売却 戸建て 土地 不動産査定
ひたちなか市で不動産を売ることを検討中の方へ。この記事では不動産売却の手順、一戸建てや土地の相場知識、査定について、そしてお客様事例を含めて具体的な方法を案内します。アドバイスを活用し、ベストな不動産取引を実現しましょう。
株式会社リアルステージ
ロゴ
お客様の財産の価値を高めることを目指し、ひたちなか市で積んだ経験と専門的な知識を用います。物件の評価から近隣の不動産売却の動きに至るまで、情報の透明性を確保しながらお客様との信頼関係を築き上げます。
株式会社リアルステージ
住所:

〒312-0044

茨城県ひたちなか市元町3-11

電話番号:
029-212-5083

不動産売却の基本知識

まず始めに、不動産を売るとは具体的にどういう流れなのか、基本的な知識をお伝えします。

不動産売却の手順

不動産売却の手順は、具体的にどのような流れで進行するのでしょうか。まず最初に、不動産を売る際には契約の形成が大切です。売主と買主が合意し、契約書を作成します。契約書には物件の詳細情報や価格、支払い条件が記載されます。契約書の内容を確認し、双方が承諾したら契約が成立し、次のステップに進みます。

契約後の手続きとしては、まず売主が不動産の引き渡しの準備を行います。物件の状態を整え、必要な修繕や清掃を行います。また、引き渡し時には必要な書類や鍵の手渡しも行われます。引き渡しの日程や方法については、売主と買主が相談し合い、合意します。

最後に、実際の引き渡しを行います。売主と買主、そして不動産業者が立ち会い、物件の引き渡しが行われます。売主は物件を買主に譲渡し、買主は引き渡しを確認します。この時には引き渡しの立会い調査も行われ、物件の状態や設備の確認が行われます。問題がなければ、正式に引き渡しが完了し、売却手続きは終了となります。

このように、不動産売却の手順は契約の形成、契約後の手続き、引き渡しという3つのステップに分かれています。各ステップでの工程や注意点を把握し、スムーズな売却を進めることが大切です。ひたちなか市で不動産を売る際には、これらの手順を順守することで、安心して取引を進めることができます。

不動産売却の注意点

不動産売却は、法律や税金などの制約が存在するため、注意が必要です。例えば、土地や建物の所有権に問題がある場合、売却が難しくなる可能性があります。また、建物については建築基準法に適合していない場合や建物の状態が悪い場合、査定価格が低下してしまう可能性もあります。

さらに、税金についても注意が必要です。不動産を売却する際には、所得税や固定資産税などの税金が発生します。売却価格に応じて税金がかかる場合もありますので、事前に税金の詳細を確認しておくことが重要です。また、特例措置や減税制度などがある場合もありますので、税理士や不動産専門家と相談することをおすすめします。

さらに、不動産売却の際には不動産業者の選定も重要です。信頼性のある業者を選ぶことで、スムーズかつ適切な売却手続きが行われます。業者の実績や評判、提供するサービスなどをしっかりと比較し、適切な業者を選ぶことが重要です。また、契約内容や手数料についても事前に確認し、納得のいく条件で契約を進めることも大切です。

不動産売却は大きな取引ですので、慎重に進めることが必要です。特にひたちなか市で不動産を売る場合には、地域特有の事情や需要の変動にも注意が必要です。不動産市場の動向を把握し、査定や価格交渉に臨むことが重要です。不動産売却の注意点を把握し、専門家のアドバイスを活用することで、よりスムーズかつ有利な取引が実現できるでしょう。

一戸建て・土地の相場の見方

不動産の価格は一戸建てであるか土地であるかで相場が異なります。

一戸建ての相場とは

一戸建ての相場は、ひたちなか市で不動産を売る際に知っておくべき重要な要素です。一戸建ての価格は、地域や築年数、建物の状態などによって異なります。具体的に一戸建ての相場を掴むためのヒントをご紹介します。

まず、地域性を考慮する必要があります。ひたちなか市の一戸建ての相場は、その場所によって大きく異なります。人気のある住宅地や交通の便が良いエリアでは、相場が高い傾向にあります。一方で、少し郊外に位置する場所や交通アクセスが悪い場所では、相場が低くなることがあります。地域の需要と供給のバランスを把握し、それに基づいて相場を見極めることが重要です。

次に、築年数や建物の状態も相場に影響を与えます。一般的には築年数が経過するにつれて、建物の価値は下がっていく傾向があります。また、建物の状態や設備の状況も相場に影響します。リフォームや設備の更新が行われている場合は相場が上昇することがあります。逆に、建物の劣化や老朽化が進んでいる場合は相場が低下する可能性があります。一戸建ての相場を把握する際には、築年数や建物の状態を考慮して評価する必要があります。

さらに、近隣の物件価格や類似物件の売却価格も参考になります。同じ地域で似たような条件の一戸建てが売却された価格を調査することで、相場の目安を把握することができます。不動産情報サイトや不動産業者のデータベースを活用し、市場の価格動向を把握することが重要です。

以上のように、一戸建ての相場は、地域性、築年数や建物の状態、近隣の売却価格などの要素によって決まります。ひたちなか市で不動産を売る際には、これらの要素を考慮しながら相場を把握し、適切な価格設定を行うことが大切です。不動産の査定や相談には専門家のアドバイスも活用してください。

土地の相場とは

土地の相場は、ひたちなか市で不動産を売る際に重要なポイントです。土地の相場は、地域や利便性、地力などによって異なります。具体的な土地の相場を把握するためのポイントをご紹介します。

まず、土地の相場は地域性に大きく左右されます。ひたちなか市内であっても、各エリアや町ごとに相場に差があります。例えば、市街地や交通の便が良いエリアでは相場が高くなる傾向があります。一方で、少し郊外や交通アクセスの悪い地域では相場が低下することもあります。地域の需要や利便性、人気度を考慮して相場を見極めることが重要です。

また、土地の利用可能性も相場に影響を与えます。一戸建て住宅用の用途地や商業用地、農地など、土地の利用目的によって相場が異なります。特に、ひたちなか市の特色や需要に合わせた土地利用の可能性を検討することが重要です。例えば、観光地や商業施設の周辺地域など、需要の高い土地は相場が上昇することがあります。

さらに、土地の地力や状態も相場に影響を与えます。地盤の強さや地形の特徴、景観の良さなど、土地の状態によって価格が変動することがあります。また、周辺環境や近隣の施設も相場に影響を与えます。学校や公園、ショッピングセンターなどの存在やアクセスの便利さも重要な要素となります。

以上のように、土地の相場は地域性、利用可能性、地力や状態などの要素によって決まります。ひたちなか市で土地を売却する際には、これらの要素を考慮しながら相場を把握し、適切な価格設定を行うことが重要です。不動産の査定や相談には専門家のアドバイスも活用して、理想的な土地の売却を実現しましょう。

不動産査定とは

次に、不動産を売る際に重要な「査定」について解説します。

不動産査定の仕組み

不動産査定は、不動産業者が物件の価格を評価するための重要なプロセスです。不動産を売却する際の初めての一歩とも言える査定は、以下のような仕組みで行われます。

まず、査定を依頼する際には、不動産業者に物件の情報を提供します。この際には物件の所在地や広さ、構造や建てられた年などの基本情報だけでなく、周辺環境やアクセスの便利さ、近隣施設の有無なども伝えることが重要です。これにより、より正確な査定を行うことができます。

次に、不動産業者は提供された情報を元に、物件の市場価値や需要予測などを考慮して査定額を算出します。この際には、地域の相場や類似物件の取引事例、土地や建物の状態、周辺環境など多くの要素を考慮して査定額を決定します。査定額の正確性を高めるため、不動産業者は豊富な経験や市場知識を持ち、査定に携わるスタッフの専門的な能力も重要です。

査定額の算出後、不動産業者は売主に対して査定結果を報告します。報告された査定額は、売主の参考となる重要な情報となります。査定結果には不動産業者の提案や説明も含まれ、売主は査定額と提案を踏まえて売却の判断を行います。

査定額に納得がいかない場合や追加情報が必要な場合、売主は不動産業者に対して相談や交渉を行うことができます。不動産業者は売主の要望や状況を理解し、追加の査定や価格交渉などを行います。査定結果と売主の意向を考慮しながら、最適な売却戦略を立てることが重要です。

以上が不動産査定の一般的な仕組みです。不動産を売却する際には、不動産業者との良好なコミュニケーションや相互の信頼関係が重要です。専門家の助言を受けながら、査定結果を基に適切な売却計画を進めましょう。

正確な査定を得るために

正確な査定を得るためには、いくつかのポイントに注意する必要があります。まず重要なのは、査定を依頼する不動産業者の選定です。信頼性のある業者を選ぶことで、より正確な査定を受けることができます。業者の実績や評判、専門知識などを調査し、複数の業者と比較検討することがおすすめです。

また、査定を依頼する際には、物件の情報を正確かつ詳細に伝えることも重要です。正確で的確な情報提供は、査定の精度を高めるために欠かせません。物件の間取りや広さ、建物や土地の状態、リフォームや改装の履歴など、可能な限り情報を提供しましょう。また、周辺環境やアクセスの便利さなども重要な要素ですので、適切な情報共有が求められます。

さらに、現地の査定調査には積極的に協力しましょう。不動産業者が物件を直接見ることで、より詳細な査定が可能となります。売主自身も物件の特徴や魅力を説明したり、問題点や改善点を共有することで、査定の正確性を高めることができます。査定調査時には、質問に対しても丁寧な回答を心掛けましょう。

さらに、複数の不動産業者から査定を受けることも有益です。複数の業者に査定を依頼することで、相場や評価の幅を知ることができます。異なる業者からの意見や査定額を比較することで、より客観的な判断が可能となります。ただし、査定額だけに注目せず、業者の提案やアドバイスも総合的に考慮しましょう。

以上の点に留意することで、より正確な査定を得ることができます。不動産を売却する際には、査定のプロセスを理解し、不動産業者とのコミュニケーションを大切にすることが重要です。査定結果を基に適切な売却戦略を立て、成功を目指しましょう。

不動産買取とは

不動産売却の一つの選択肢として、買取の方法も存在します。

買取の利点とデメリット

不動産売却の一つの選択肢として、買取があります。買取の利点とデメリットについて、以下にご紹介します。

まず、買取の利点の一つは、スピーディーな売却ができることです。不動産買取は、不動産業者が直接買い取るため、買主を探す必要がありません。書類の手続きや査定の時間などが省けるため、迅速な取引が可能です。売主にとって急ぎの売却や時間をかけずに手続きを進めたい場合には、買取は魅力的な選択肢となるでしょう。また、不動産業者によっては、現金での即時買取も可能な場合もあります。

次に、買取の利点として、売却価格の交渉が不要であることが挙げられます。一般的な売却では価格交渉を行う必要がありますが、買取では不動産業者が提示した買取価格が最終的な価格となります。価格交渉や値下げに時間をかけずに済むため、手間やストレスを軽減することができます。

一方、買取のデメリットとしては、買取価格が市場価格よりも低くなる可能性があることがあります。買取は業者が利益を考慮して価格を提示するため、市場価格よりも低い査定額になる場合があります。売主にとっては、より高い価格で売却したいと考える場合には、買取のデメリットとなるかもしれません。

さらに、買取では不動産業者が物件を引き取るため、引渡し時期や条件に柔軟性がない場合があります。売主の都合に合わせることが難しい場合や、引き渡し時期を調整する余地がない場合もあるため、十分な検討が必要です。

以上が買取の利点とデメリットです。売主ご自身の売却の優先事項や状況に合わせて、買取を選択するかどうかを判断することが重要です。買取を検討する際には、何社かの不動産業者からの査定を受けることをおすすめします。査定結果と買取価格を比較し、最も適した方法を選ぶことで、スムーズかつ満足のいく売却が実現できるでしょう。

買取での売却を考えるポイント

買取を選択する際には、いくつかのポイントを考慮する必要があります。まず、信頼性のある不動産業者を選ぶことが重要です。買取は売主と不動産業者との直接の取引となるため、業者の信頼性や実績を確認することが必要です。口コミや評判、業者のサイトや資料の情報などを参考にし、十分なリサーチを行いましょう。

また、複数の業者から査定を受けることも大切です。異なる業者からの査定結果や買取価格を比較することで、適切な判断ができます。ただし、査定額だけでなく、業者の対応や提案内容、契約条件なども総合的に考慮することが重要です。価格だけでなく、信頼性やスムーズな取引も重視しましょう。

さらに、買取価格の妥当性を判断するために、市場価格や類似物件の売却価格を調査することも有益です。不動産市場の動向を把握し、相場の範囲を把握することで、買取価格の妥当性を判断できます。不動産情報サイトや不動産業者のデータベースなどを活用し、価格の比較検討を行いましょう。

また、買取の場合でも、契約内容や手数料については事前に確認しましょう。買取に伴う手数料などの諸費用がある場合や、違約金などの契約条項がある場合もあります。完全な理解を持ち、納得のいく条件で契約を進めることが重要です。必要に応じて契約書や書面の内容を確認し、専門家の助言を受けることもおすすめです。

以上のポイントを考慮しながら、買取を検討することが重要です。売主の優先事項や状況に合わせて最適な選択を行い、スムーズな売却を実現しましょう。買取は一つの選択肢であり、他の売却方法と比較検討することもお忘れなく。査定結果や提案内容、条件などを総合的に判断し、最適な取引を進めることが大切です。

お客様事例に学ぶ

不動産売却の参考として、過去のお客様事例を紹介します。

成功した不動産売却事例

成功した不動産売却の事例を通じて、どのような点を考慮し、どのような方法で売却に至ったのかを具体的に紹介します。

ある家族は、ひたちなか市内で所有していた一戸建てを売却することを決めました。彼らは、まず信頼できる不動産業者を選ぶために数社の査定を受けました。高い査定額だけでなく、業者の対応や提案内容、販売戦略も重視し、全体のバランスを見極めることができました。

次に、彼らは売却価格を決定するために、市場動向や近隣の売却価格を調査しました。特に、同じエリアでの売却事例を参考にすることで、相場の範囲を把握しました。査定額と市場価格を比較し、適切な価格設定を行いました。

彼らは物件の魅力を最大限に引き出すために、少額ながらもリフォームやデザインのアップデートを行いました。特に、外観のメンテナンスや庭の整備、内装の清掃などに注力しました。これによって、物件の魅力がより際立ち、売却にプラスの影響を与えました。

広告やマーケティング戦略も成功の要素となりました。彼らは不動産業者と協力し、オンライン広告やチラシなどを活用して、広範なターゲットに情報発信を行いました。また、口コミや知人の紹介などの効果もありました。

最後に、迅速な対応とコミュニケーションが成功の鍵となりました。彼らは査定や契約の手続きに迅速に対応するだけでなく、質問や不安が生じた際には不動産業者と綿密にコミュニケーションをとりました。このようなコミュニケーションを通じて、スムーズかつ円満な売却を実現することができました。

この事例から分かるように、成功した不動産売却には信頼できる不動産業者の選定、市場価格の把握、物件の魅力の最大化、適切な広告とマーケティング戦略、迅速な対応とコミュニケーションなどが重要な要素です。これらの要素を順守し、適切な取引を行うことで、売主は成功への道を歩んでいくことができるでしょう。

失敗から学ぶ事例

不動産売却において成功事例もありますが、失敗から学ぶことも重要です。以下では、失敗事例から得られる教訓をいくつか紹介します。

ある売主は、ひたちなか市での不動産売却を急いで行いました。彼らは査定結果に満足せず、最初に出された買取価格に飛びついてしまいました。結果として、市場価値より低い価格で売却することになり、損失を被ることになりました。この事例から得られる教訓は、焦らずに複数の査定を受け、市場価格と比較検討することの重要性です。

また、別の売主は売却期間を誤り、市場の変動を見極められませんでした。彼らは、不動産市場が好調であった時期に売却を急ぎ、結果として相場の下落により売却価格を下げざるを得なくなりました。この失敗事例から学ぶことは、市場の動向に注意を払い、最適な売却タイミングを見極めることの重要性です。

さらに、売却の準備不足が失敗要因となる場合もあります。ある売主は物件の外装や内装のメンテナンスを怠り、不動産の魅力を引き出せませんでした。その結果、売却価格が低くなり、売主は不本意な結果に終わりました。このような事例から学ぶ教訓は、物件の魅力を最大限に引き出し、必要なメンテナンスやリフォームを行うことの重要性です。

以上の失敗事例から分かるように、焦らずに複数の査定を受け、市場動向を把握し、適切な売却タイミングを見極めること、また、売却の準備を怠らず物件の魅力を最大限に引き出すことが重要です。成功事例と失敗事例の両方から学び、失敗を繰り返さずにより良い売却結果を得ることを目指しましょう。

不動産業者の選び方

適切な不動産業者を選ぶことで、スムーズで利益の出る売却が期待できます。

不動産業者選びのポイント

不動産業者を選ぶ際には、以下のポイントに注意することが重要です。

まず一つ目のポイントは、業者の信頼性と実績です。信頼できる業者を選ぶことで、売却のプロセスや手続きがスムーズに進む可能性が高まります。業者の実績や評判を確認し、口コミや評価を参考にすることで、信頼性のある業者を見つけることができます。

二つ目のポイントは、業者の専門知識と経験です。不動産に精通した経験豊富な専門家がいる業者を選ぶことで、適切な査定や戦略を立てることができます。業者のスタッフの資格や専門的な知識、実務経験などを調査することで、信頼性の高い業者を見極めることができます。

三つ目のポイントは、提供するサービスやサポート体制です。売主のニーズに合わせたサービスを提供できる業者を選ぶことが重要です。不動産の査定や価格設定だけでなく、広告やマーケティング戦略、契約書の作成や手続きのサポートなど、売却に関する様々な面でのサポートがあるかどうかを確認しましょう。

最後に、相性やコミュニケーションも重要な要素です。不動産売却は売主と業者との間での連携が必要となるため、相性やコミュニケーションの良さも考慮すべきです。業者との面談や面接を通じて、相手とのコミュニケーションスタイルや理解力、対応の速さや丁寧さなどを確認することが重要です。

これらのポイントを考慮して、信頼できる不動産業者を選ぶことで、スムーズな売却手続きや適切なアドバイスを受けることができます。複数の業者との比較検討や面談を重ねて、最適な業者を見つけることが売主にとって成功への近道となるでしょう。

業者選びの注意点

不動産業者を選ぶ際に注意すべきポイントもあります。

まず一つ目は、業者の手数料や費用についてしっかり確認することです。業者によって手数料や費用の料金体系や金額が異なる場合がありますので、契約前に明確な料金の確認を行いましょう。不明確な点や追加費用が発生する可能性もあるため、契約書や書面の内容を細かくチェックしましょう。

二つ目は、異なる業者から複数の査定を受けることです。不動産買取や査定業者は様々ですので、複数の業者から査定を受け、比較検討することが重要です。査定額だけでなく、業者の提案内容や説明の詳細さ、対応のスピードなども比較し、総合的に判断しましょう。

三つ目は、業者の取引実績や評判を確認することです。業者の信頼性や実績は売主にとって重要ですので、業者のウェブサイトや口コミ、レビューサイトなどでの評判を調査しましょう。また、周囲の人々の意見やアドバイスも参考にすることが有益です。

最後に、契約前の相談や面談時には、業者とのコミュニケーションを重視しましょう。業者との相性や信頼関係はスムーズな売却にとって重要です。相手の対応や説明のわかりやすさ、意思疎通の良さなどを確認し、コミュニケーションが円滑に行える業者を選びましょう。

これらの注意点を踏まえて、適切な不動産業者を選ぶことが重要です。自分に合った業者を選び、売却プロセスをスムーズに進めるためにも、慎重な選択を心掛けましょう。契約前の質問や疑問にも積極的に対応し、納得のいく取引を進めることが大切です。

売却後の手続き

不動産売却後の手続きについて説明します。

売却後の必要な手続き

不動産売却後には、いくつかの必要な手続きがあります。以下は、売却後の主な手続きについてのご紹介です。

まず、売却後には不動産所有権の移転手続きが必要です。売却契約の成立後、売主と買主は登記所に新しい所有者情報を登録する必要があります。この手続きにより、正式に不動産の所有権が買主に移ります。不動産業者や専門家のアドバイスを参考にし、手続きをスムーズに進めましょう。

次に、売却に関連する税金の手続きです。不動産売却に伴って所得税や固定資産税などの税金が発生する場合があります。売主は税金の納付や申告書の提出などを行う必要がありますので、税理士や専門家に相談しましょう。税金に関する詳細な情報を事前に把握し、適切な手続きを確実に行うことが大切です。

さらに、売却に伴う諸費用の清算も忘れずに行いましょう。売却時には不動産業者への手数料や契約書作成費用、登記手続きなどの費用が発生します。これらの費用を清算し、売却に伴う支払いや請求を正確に行いましょう。

最後に、売却後には引越しや住民票の移転などの手続きも行う必要があります。新たな住所への引越し手続きや、住民票の移転手続きを忘れずに行いましょう。また、売主の場合はお住まいのマンションや管理組合との手続きも確認し、必要な退去手続きや解約手続きを行いましょう。

売却後にはこれらの手続きを適切に行うことで、売主は円満かつスムーズな移行となります。不動産業者や専門家のアドバイスやサポートを活用し、忘れずに手続きを進めましょう。売却に関連する手続きを完了させることで、新たなスタートを切れるでしょう。

手続きで気をつけること

手続きにおいて気をつけることもあります。まず、手続きの適切なタイミングを把握することが重要です。登記手続きや税金の支払いなど、手続きには期限や締切がありますので、それらを把握し、遅延や滞納を避けるようにしましょう。

また、手続きに必要な書類や各種証明書の作成や収集も注意が必要です。売却に関連する契約書や税金の書類、身分証明書などの正確な準備を行いましょう。必要な書類を早めに揃え、手続きの順序や方法を正確に把握することで、効率的に手続きを進めることができます。

さらに、手続きに不明な点や疑問がある場合は、不動産業者や専門家に相談しましょう。特に税金の手続きや複雑な法的手続きについては、専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。適切なアドバイスを受けながら手続きを進めることで、ミスやトラブルを回避することができるでしょう。

最後に、手続きが完了した後も、重要な書類や証明書は保管しましょう。売却に関連する書類には、将来的に必要になる可能性がありますので、安全に保管しておくことが重要です。大切な書類が紛失したり損傷したりしないよう、適切な管理を心掛けましょう。

これらのポイントを念頭において手続きを進めることで、円滑でスムーズな売却手続きを行うことができます。手続きに関する規則や期限を守りつつ、正確な書類の準備や専門家のサポートを受けながら、売主としての責務を果たしましょう。

不動産プロのサポート

最後に、不動産売却に関するプロのサポートについて紹介します。

プロのサポートが必要な時

不動産売却において、プロのサポートが必要となるケースもあります。例えば、法律や税金の知識が必要な場合や、複雑な契約書の作成や手続きが必要な場合、または市場の動向や相場の把握に困難を感じる場合などです。このような時には、不動産業者や税理士、弁護士などの専門家のサポートを受けることが重要です。専門家は経験豊富であり、売主のニーズに合わせたアドバイスや適切な解決策を提供してくれます。全体の売却プロセスを安心して進めるためにも、プロのサポートを活用しましょう。

プロのサポートを活用する方法

プロのサポートを活用する方法はいくつかあります。まずは、信頼できる不動産業者や専門家を選ぶことが重要です。口コミや評判、実績などを参考にし、複数の候補を比較検討しましょう。また、相性やコミュニケーションの良さも考慮し、自分に合った専門家を選びましょう。

次に、事前に相談や見積もりを行うことも大切です。不動産業者や専門家に対して、売却に関する疑問や不安を相談することで、より具体的な情報を得ることができます。また、見積もりを受けることで、売却にかかる費用や手続きについての見通しを持つことができます。

さらに、プロのアドバイスやサービスを適切に利用しましょう。不動産業者や専門家は、査定や価格設定、契約書の作成、手続きのサポートなど様々なサービスを提供しています。それぞれの専門家の得意分野や提供するサービス内容を確認し、自分のニーズに合わせたサポートを受けることで、効果的な売却戦略を立てることができます。

プロのサポートを活用することで、不動産売却のプロセスをスムーズかつ効果的に進めることができます。経験と知識を持つ専門家との協力は、売主の負担を軽減し、成功へと導く道標となるでしょう。信頼できる専門家と適切なコミュニケーションを取りながら、プロのサポートを最大限に活用しましょう。

茨城県ひたちなか市
内のエリア紹介
  • 青葉町
  • 赤坂
  • 浅井内
  • 阿字ケ浦町
  • 雨沢谷津
  • 石川町
  • 磯崎町
  • 牛久保
  • 牛久保一丁目
  • 牛久保二丁目
  • 後野
  • 後野一丁目
  • 後野二丁目
  • 市毛
  • 枝川
  • 勝倉
  • 金上
  • 後台
  • 佐和
  • 武田
  • 田彦
  • 足崎
  • 津田
  • 中根
  • 東石川
  • 堀口
  • 前浜
  • 馬渡
  • 三反田
  • 大平
  • 大平一丁目
  • 大平二丁目
  • 大平三丁目
  • 大平四丁目
  • 和尚塚
  • 小貫山
  • 小貫山一丁目
  • 小貫山二丁目
  • 表町
  • 海門町
  • 海門町一丁目
  • 海門町二丁目
  • 鍛治屋窪
  • 春日町
  • 勝田泉町
  • 勝田中央
  • 勝田中原町
  • 勝田本町
  • 上野
  • 上野二丁目
  • 烏ケ台
  • 北神敷台
  • 共栄町
  • 国神前
  • 小砂町
  • 小砂町一丁目
  • 小砂町二丁目
  • 小谷金
  • 西光地
  • 西光地一丁目
  • 西光地二丁目
  • 西光地三丁目
  • 幸町
  • 栄町
  • 栄町一丁目
  • 栄町二丁目
  • 笹野町
  • 笹野町一丁目
  • 笹野町二丁目
  • 笹野町三丁目
  • 沢メキ
  • 獅子前
  • 四十発句
  • 釈迦町
  • 十三奉行
  • 新光町
  • 関戸
  • 相金
  • 相金町
  • 外野
  • 外野一丁目
  • 外野二丁目
  • 大成町
  • 館山
  • 田中後
  • 田宮原
  • 津田東
  • 津田東一丁目
  • 津田東二丁目
  • 津田東三丁目
  • 津田東四丁目
  • 鶴代
  • 洞下町
  • 堂端
  • 堂端一丁目
  • 堂端二丁目
  • 道メキ
  • 殿山町
  • 殿山町一丁目
  • 殿山町二丁目
  • 長堀町
  • 長堀町一丁目
  • 長堀町二丁目
  • 長堀町三丁目
  • ナメシ
  • 新堤
  • 西赤坂
  • 西大島
  • 西大島一丁目
  • 西大島二丁目
  • 西大島三丁目
  • 西十三奉行
  • はしかべ
  • はしかべ一丁目
  • はしかべ二丁目
  • 八幡町
  • 東石川一丁目
  • 東石川二丁目
  • 東石川三丁目
  • 東大島
  • 東大島一丁目
  • 東大島二丁目
  • 東大島三丁目
  • 東大島四丁目
  • 東本町
  • 平磯町
  • 平磯遠原町
  • 富士ノ上
  • 船窪
  • 部田野
  • 堀川
  • 松戸町
  • 松戸町一丁目
  • 松戸町二丁目
  • 松戸町三丁目
  • 廻り目
  • 美田多町
  • 湊泉町
  • 湊中央
  • 湊中央一丁目
  • 湊中央二丁目
  • 湊中原
  • 湊本町
  • 南神敷台
  • 峰後
  • 狢谷津
  • 元町
  • 柳が丘
  • 柳沢
  • 山崎
  • 山ノ上町
  • 和田町
  • 和田町一丁目
  • 和田町二丁目
  • 和田町三丁目
  • 稲田
  • 稲田一丁目
  • 稲田二丁目
  • 高場
  • 高場一丁目
  • 高場二丁目
  • 高場三丁目
  • 高場四丁目
  • 高場五丁目
  • 高場六丁目
  • 高野
  • 長砂
  • 横堰
  • 横田
  • 曲田
  • 神敷台
  • 西鶴子田
  • 扇田谷津
  • 鍛冶屋窪
  • 鶴子田
  • 東塚原
  • 洞下
  • 富士ノ下
  • 涌井戸
  • 勝田
  • 佐和
  • 常陸青柳
  • 常陸津田
  • 阿字ヶ浦
  • 磯崎
  • 美乃浜学園
  • 平磯
  • 殿山
  • 那珂湊
  • 高田の鉄橋
  • 中根
  • 金上
  • 工機前
茨城県ひたちなか市近隣のエリア紹介
  • 水戸市
  • 日立市
  • 土浦市
  • 古河市
  • 石岡市
  • 結城市
  • 龍ケ崎市
  • 下妻市
  • 常総市
  • 常陸太田市
  • 高萩市
  • 北茨城市
  • 笠間市
  • 取手市
  • 牛久市
  • つくば市
  • 鹿嶋市
  • 潮来市
  • 守谷市
  • 常陸大宮市
  • 那珂市
  • 筑西市
  • 坂東市
  • 稲敷市
  • かすみがうら市
  • 桜川市
  • 神栖市
  • 行方市
  • 鉾田市
  • つくばみらい市
  • 小美玉市
  • 茨城町
  • 大洗町
  • 城里町
  • 東海村
  • 大子町
  • 美浦村
  • 阿見町
  • 河内町
  • 八千代町
  • 五霞町
  • 境町
  • 利根町
  • 龍ヶ崎市
株式会社リアルステージ
ロゴ
お客様の財産の価値を高めることを目指し、ひたちなか市で積んだ経験と専門的な知識を用います。物件の評価から近隣の不動産売却の動きに至るまで、情報の透明性を確保しながらお客様との信頼関係を築き上げます。
株式会社リアルステージ

〒312-0044

茨城県ひたちなか市元町3-11