不動産売却の基本と成功の秘訣 - シンプル&エフェクティブな戦略

query_builder 2024/05/22 不動産売却
不動産売却の全てをカジュアルに解説。不動産の売却方針の立て方から、価格設定、売却活動、契約までの手続きについて語ります。初めて売却を考えている方から経験者まで、一人でも多くの人が不動産売却を成功させられるように情報提供を努めます。
株式会社リアルステージ
ロゴ
お客様の財産の価値を高めることを目指し、ひたちなか市で積んだ経験と専門的な知識を用います。物件の評価から近隣の不動産売却の動きに至るまで、情報の透明性を確保しながらお客様との信頼関係を築き上げます。
株式会社リアルステージ
住所:

〒312-0044

茨城県ひたちなか市元町3-11

電話番号:
029-212-5083

不動産売却初心者必見! 売却の基本

不動産を売却する際に押さえておきたい基本的なポイントから解説します。初めての売却でも安心です。

売却方針の立て方

不動産売却を成功させるためには、まずは適切な売却方針を立てることが重要です。売却方針を立てる際には、市場調査から始めることがポイントです。

まずは現在の不動産市場の動向を把握しましょう。市場の需要や供給状況、競合物件の価格など、様々な要素を考慮しながら、自分の物件の競争力を見極めることが大切です。また、物件の特徴や魅力をしっかりと把握し、それに合った販売戦略を考えることも重要です。

次に、売却するターゲットを設定しましょう。売却時には、一般の個人購入者や投資家、法人など、様々なターゲットが考えられます。その物件に最も適したターゲットを明確にすることで、効果的なマーケティングが可能となります。

さらに、売却タイミングも検討しましょう。不動産市場は常に変動しており、売却時期によって市場状況が異なります。将来の市場予測や経済情勢を考慮しながら、最適な売却時期を見極めましょう。

また、不動産売却には税金や手数料などの費用も発生します。売却方針を立てる際には、これらの費用をきちんと計算し、売却に伴うコストを把握することも重要です。

売却方針の立て方は様々な要素を考慮しながら行う必要があります。丁寧な市場調査や物件の特徴の把握、ターゲットの設定、売却時期の見極め、費用の計算など、緻密な計画を立てることで、不動産売却を成功させることができるでしょう。

売却方針を立てる際には専門家のアドバイスも活用しましょう。不動産エージェントや税理士など、専門知識を持つ人々の意見を取り入れながら、最も効果的な売却方針を見つけ出すことが大切です。

不動産売却は一大プロジェクトですが、適切な売却方針を立てることで、スムーズな売却を実現することができます。売却方針の立て方についてしっかりと理解し、成功への道を歩んでいきましょう。

価格設定のポイント

不動産を売却する際には、適切な価格設定が成功の鍵となります。価格を適切に設定することで、需要を喚起し、早期の売却を実現することができます。

まずは、マーケット価格を把握しましょう。同じ地域や物件の相場を調べることで、現在の市場の動向を把握することができます。不動産情報サイトや不動産エージェントのデータ、最近の成約価格などを参考にして、正確な相場を把握しましょう。

ただし、相場価格だけを基準にするのではなく、物件の特徴や状態、立地なども考慮する必要があります。同じエリアでも、物件の状態や魅力によって価格は異なるため、自分の物件の特徴をしっかりと分析しましょう。

さらに、需要と供給のバランスも重要なポイントです。需要が高く供給が少ない場合には、価格を高めに設定することができます。逆に、需要が低く供給が過剰な場合には、価格を下げる必要があるかもしれません。市場の需要と供給のバランスを見極め、それに合わせた価格設定を行いましょう。

さらに、交渉余地も考慮に入れる必要があります。買主との交渉によって価格が変動することがあるため、ある程度の余地を残しておくことが望ましいです。また、競合物件や市場状況の変化などに敏感に対応し、柔軟に価格を調整することも重要です。

価格設定に関しては、専門家の意見やアドバイスを参考にすることも有益です。不動産エージェントや査定業者に相談し、専門的な知見を取り入れることで、より正確な価格設定が可能となります。

最後に、価格設定は売却の成否に大きな影響を与える重要な要素です。相場価格や物件特徴、需要と供給のバランス、交渉余地などを考慮しながら適切な価格を設定しましょう。

価格設定は一度決めれば変更が難しいため、慎重に検討する必要があります。不動産を売却する際には、以上のポイントを踏まえながら、成功への道を歩んでいきましょう。

売却活動のステップ

売却活動はどのように進めれば良いのでしょうか。売却手続きをシンプルに分割し、具体的なアクションプランを提案します。

物件の魅力を引き立たせる方法

物件を魅力的にプレゼンテーションすることは、不動産売却の成功に不可欠です。物件の魅力を引き立たせる方法をいくつか紹介します。

まずは、物件の外観や内観を整えましょう。美しい外観や清潔な内装は、物件に魅力を与えるだけでなく、買主の興味を引く要素となります。修繕やリフォームを行い、物件のコンディションを最善の状態に保ちましょう。

次に、物件の特徴や利点を明確に伝えることが重要です。広々とした間取り、自然光が差し込む窓、便利な立地など、物件の魅力的なポイントをアピールしましょう。写真や動画を活用することでも、物件の魅力を視覚的に伝えることができます。

また、周辺環境や利便性の情報も大切です。近隣の公園や商業施設、交通アクセスの良さなど、物件の周辺環境を詳しく説明することで、買主にとっての利便性を示すことができます。

さらに、物件のポテンシャルや可能性をアピールしましょう。将来的な価値の見込みやリノベーションの可能性など、買主の想像力を刺激する要素を伝えることで、魅力的な物件としての価値を高めることができます。

物件の魅力を引き立たせるためには、プロフェッショナルな写真や動画の利用、見学会やオープンハウスの開催、専門的な販売文書や広告の作成など、様々な手法を活用することが重要です。不動産エージェントやマーケティングの専門家のサポートも受けながら、物件の魅力を最大限に引き出しましょう。

最後に、買主の目線に立って物件を見直すことも大切です。物件を客観的に評価し、改善点や魅力を再確認することで、より効果的な魅力発信が可能となります。

物件の魅力を引き立たせることは、不動産売却において重要な要素です。物件の魅力を最大限に生かし、買主の心を掴むプレゼンテーションを行いましょう。

物件のPR手段について

物件の魅力を引き出すためには、効果的なPR手段を活用することが重要です。物件を多くの人に知ってもらうためのいくつかの手法をご紹介します。

まずはインターネットを活用しましょう。不動産情報サイトやSNSなどのオンラインプラットフォームは、多くの人々が物件情報を探す場所です。魅力的な写真や詳細な物件情報を掲載し、買主にアピールしましょう。また、動画コンテンツを活用することで、よりリアルな物件紹介が可能となります。

さらに、地域の不動産エージェントと連携することも有益です。エージェントは市場知識や買主ネットワークを持っており、物件のPRや情報共有をサポートしてくれます。エージェントとの協力を通じて、物件の露出を最大化しましょう。

また、印刷物の利用も効果的なPR手段です。パンフレットやチラシ、ポスターなど、物件の魅力を伝えるコンテンツを作成し、不動産エージェントや地域の商業施設に掲示しましょう。また、物件の近隣住民や関係者へのダイレクトメールの送付も考慮に入れましょう。

さらに、オープンハウスや見学会の開催も効果的なPR手段の一つです。買主にとっては、実際に物件を見たり体感したりすることが重要です。物件の魅力を活かしたイベントを企画し、多くの人々に来場してもらいましょう。

不動産売却においては、口コミや紹介も重要な要素です。知人や友人、地域のコミュニティなどに、物件の情報を広めるようお願いすることで、買主の獲得につなげることができます。

最後に、物件のPRは継続的に行うことが大切です。売却活動中は、定期的に情報を更新し、新たなPR手法を試行することで、より多くの人々に物件をアピールし続けましょう。

物件のPR手段は多岐にわたりますが、インターネットの活用、地域の不動産エージェントとの連携、印刷物の利用、イベントの開催、口コミの活用など、あらゆる手法を組み合わせて効果的にPRしていきましょう。買主の関心を引きつけ、早期の売却を実現するために、物件の魅力を最大限に発信しましょう。

売却契約とその後の手続き

売却契約から引き渡しまで、売却が成立した後の手続きについて解説します。

契約までの手順と注意点

不動産売却の最終段階となる契約までの手順と注意点について説明します。契約を円滑に進めるためには、以下のポイントに注意しながら進めることが重要です。

まずは、買主との間で売却条件を明確にすることが必要です。価格や引渡し時期、付帯条件など、売却に関わる全ての条件を具体的に取り決めましょう。特に、不動産の状態や任意の検査結果に関する事項は、詳細に取り決めることが重要です。

次に、契約書の作成を行います。契約書には売買条件や売主・買主の情報、物件の詳細など、必要な情報を正確に記載しましょう。契約書の作成には専門家の協力を受けることが望ましいです。弁護士や不動産エージェントに相談しながら、適切な契約書を作成しましょう。

契約書の作成後、売主および買主は契約書に署名を行います。また、必要に応じて物件の登記簿の確認や土地の所有権の移転手続きなども同時に進める必要があります。さらに、重要なポイントとして、契約内容の遵守や署名後の契約解除の難しさを理解することも重要です。

契約内容や手続きに関しては、専門家のアドバイスや確認を受けることをおすすめします。特に、契約書の内容や法的な事項については、弁護士に相談することで、リスクを最小限に抑えることができます。

最後に、契約前に注意点も押さえておきましょう。例えば、売主は債務や担保の確認、所有権の移転手続きの準備などを行う必要があります。また、買主もローンの手続きや契約書の詳細な確認を忘れずに行うようにしましょう。

不動産売却の契約までの手続きは重要なステップです。正確な情報の共有、契約書の作成、署名手続きの確実性などに注意しながら進めることが必要です。専門家のアドバイスやサポートを受けながら、円滑に契約を進めましょう。

売却後の手続きについて

不動産売却が成立した後も、さまざまな手続きが必要です。売却後の手続きを正確に行うことで、スムーズな引き渡しや取引の完了が可能となります。

まずは、売却代金の受領を確認しましょう。売却代金が指定の口座に振り込まれたことを確認し、金額や手数料などの明細をチェックしましょう。また、必要に応じて税金の申告や支払いも行う必要があります。

そして、引き渡し手続きを行います。売買契約に基づいて、物件の引き渡しを行うために、売主と買主が共同で物件を確認しましょう。物件の状態や設備の動作確認、鍵の引き渡し、重要な書類の受け渡しなどを行い、引き渡し完了の手続きを行います。

また、登記手続きも忘れずに行いましょう。不動産の所有権の移転登記や抵当権の抹消など、適切な手続きを行うことで、正式に所有権の移転を確定させることができます。不動産エージェントや専門家の助言を受けながら、登記手続きを完了させましょう。

さらに、引っ越しに関する手続きも念頭に置いておきましょう。物件の所有権が移ることに伴い、住民票の転出や転居届の提出、公共料金の解約などの手続きが必要です。引っ越し業者の手配や荷造り、転居先の住所変更なども計画的に進めましょう。

不動産売却後の手続きは、売主と買主の間での協力と連携が重要です。予め手続きの内容を確認し、売却後の手続きに関する情報をしっかり共有しましょう。必要な書類や手続きの状況を把握しておくことで、スムーズな移行が実現できるでしょう。

最後に、不動産売却後もサポートを受けることができます。不動産エージェントや弁護士、税理士などの専門家が、売却後の手続きに関するアドバイスやサポートを提供してくれます。困ったことや疑問点があれば、遠慮せずに相談してみましょう。

売却後の手続きは終わりではありませんが、しっかりと行うことで、取引の完了を迎えることができます。引き渡しや登記手続きをスムーズに進めるために、必要な手続きについて十分に理解し、計画的に進めましょう。

売却におけるリスクと対策

不動産売却はリスクも伴います。問題を未然に防ぐためのリスク対策を適宜学んでいきましょう。

よくあるトラップと回避策

不動産売却にはいくつかのトラップが存在しますが、それらを避けるための回避策を知ることが重要です。以下によくあるトラップとそれに対する回避策をご紹介します。

1. 適切な価格設定の困難性
物件の価格設定は難しいとされ、適切な価格を見極めることが課題となります。このトラップを回避するためには、物件の特徴や競合物件の相場情報を的確に把握し、マーケットの動向を追うことが重要です。また、専門家のアドバイスを受けることで、より正確な価格設定が可能となります。

2. 売買条件の明確化の不備
売買契約書の作成時に、売買条件を明確にすることが重要です。特に、物件の状態や修繕の有無、負担すべき費用などについては、細かく取り決める必要があります。このトラップを回避するためには、契約書の作成に時間をかけ、売主と買主が納得のいく条件を確認することが重要です。

3. トラブルやクレームの発生
売却後にトラブルやクレームが発生することもあります。例えば、物件の隠れた欠陥や契約条件の不履行などです。このトラップを回避するためには、事前に物件の調査や修繕を行い、契約書の内容を事細かに確認することが重要です。また、弁護士や不動産エージェントといった専門家のアドバイスを受けることで、トラブルの回避策を見つけることができます。

4. 売却活動の疲弊
不動産売却は時間とエネルギーを要する作業です。長期間の売却活動や見込み客との交渉により、疲弊することもあります。このトラップを回避するためには、売却プロセスを事前に計画し、売却活動のスケジュールや目標を明確に設定することが重要です。また、不動産エージェントのサポートや負担を分散することで、疲労を軽減することができます。

これらのトラップを回避するためには、適切な準備と情報収集が欠かせません。専門家のアドバイスを受けながら、不動産売却におけるトラップを一つずつ避けながら進めましょう。

リーガルチェックの重要性

不動産売却において、リーガルチェックは非常に重要なステップです。このチェックを怠ると、後々に問題や紛争が発生する可能性があります。以下に、リーガルチェックの重要性とその具体的なポイントについて説明します。

まず、リーガルチェックは不動産の法的な側面を確認するための手続きです。不動産には様々な法的な要件があり、例えば所有権の正当性や担保権の有無、宅地建物取引業法や建築基準法に対する適合性などが確認されます。これらの要件を満たしているかどうかを確認することで、売買契約の安全性や法的な問題を回避することができます。

リーガルチェックの具体的なポイントとしては、以下のようなものが挙げられます。

1. 登記簿の確認:物件の所有者や担保権、負担物件などが正確に登記されているか確認します。

2. 建物の設備や構造の法的な要件:建築基準法や消防法などに適合しているかどうかを確認します。

3. 契約書のチェック:売買契約書や関連する文書が適切に作成され、売主と買主の権利や義務が明確に示されているか確認します。

4. 地方自治体の規制に対する適合性:地域の都市計画や条例に適合しているかどうかを確認します。

5. 負担物件や権利金などの確認:物件に関連する負担物件や権利金がある場合、適切に調査し確認します。

リーガルチェックは専門知識を要するため、弁護士や不動産エージェントなどの専門家に依頼することが推奨されます。彼らは法的な観点から物件を詳細にチェックし、売買プロセスにおけるリスクを最小限に抑えるためのアドバイスを提供してくれます。

不動産売却においてリーガルチェックを怠ることは重大なリスクを伴います。安全な売買契約を行うためには、リーガルチェックの重要性を理解し、専門家の助けを借りながら、法的な問題やトラブルを回避するようにしましょう。

成功事例に学ぶ不動産売却

不動産売却の成功事例を紹介し、具体的な要因やポイントを学びます。

不動産売却の成功事例分析

不動産売却の成功事例を分析することで、成功のカギを探ることができます。以下に不動産売却の成功事例分析のポイントをご紹介します。

まずは、成功した不動産売却事例を具体的にピックアップしましょう。売却期間や価格、売却手法、物件の魅力など、成功の要因として注目されるポイントを抽出します。

次に、それらの成功事例を分析し、共通する要素やパターンを探りましょう。例えば、適切な価格設定や効果的なPR手法、売主と買主のスムーズなコミュニケーションなど、成功事例に共通する要素が見つかるかもしれません。

また、地域や物件の特徴によっても成功要因は異なる場合があります。成功事例を地域や物件の特性ごとに分析し、適切な戦略の立て方やアプローチ方法を見つけましょう。

さらに、成功事例における売主や買主の思考や行動パターンも分析の対象となります。成功者の意思決定や戦略の背景を理解し、それを自身の売却に活かすことが重要です。

成功事例分析は成功への手がかりを提供してくれるものですが、個々の状況や条件は異なることを忘れずにおきましょう。成功事例から学び、自身の売却に取り入れるべき要素を見つけることで、より成功に近づける可能性が高まります。

成功事例分析は参考にすることで、売却の戦略や手法をより効果的に立てる手助けとなります。成功者がどのようなアプローチを取ったのかを分析し、自身の売却に適用してみましょう。ただし、自身の物件や状況にマッチする戦略を見つけるために、専門家のアドバイスや意見も活用しましょう。

成功者たちの言葉から学ぶ

成功した不動産売却者たちの言葉や経験から、さらなる学びを得ることができます。以下に、成功者たちの言葉から学ぶポイントをご紹介します。

まずは、成功者たちが強調するのは「準備と計画の重要性」です。十分な準備を行い、売却に向けた計画を立てることが不動産売却の成功の鍵となります。買主との交渉や引き渡し時のトラブルを最小限に抑えるためにも、事前の準備と計画が欠かせません。

成功者たちはまた、買主とのコミュニケーションを重視しています。買主のニーズや要望を理解し、柔軟な対応をすることで、売却に繋がる関係性を築いています。物件の魅力を的確に伝えるコミュニケーションスキルが、成功に寄与している要素と言えます。

さらに、成功者たちは売却期間に焦らず、地道な努力を続けることの重要性を語っています。売却が思ったように進まない場合でも、諦めずに市場の動向を見極めつつ、努力を続けることが成功への道です。

成功者たちの言葉から学ぶ際には、自身の状況に応じて適切なアプローチを見つけることが重要です。成功者の経験や意見を参考にしながらも、自身の物件や目標に合った戦略を組み立てましょう。

ただし、成功事例や成功者の意見はあくまで参考です。物件や市場状況、個々の状況に応じて柔軟にアレンジすることが大切です。専門家のアドバイスや自身の経験も活かしながら、成功者たちの言葉から学び、不動産売却を成功に導きましょう。

FAQ:不動産売却の疑問解決

不動産売却に関するよくある質問に答えます。あなたの疑問もきっと解決されます。

不動産売却の基本的な疑問

不動産売却に関する基本的な疑問について解決しましょう。

まず、多くの方が気になるのが「どのくらいで売れるのか」という点です。不動産の売却価格は様々な要素によって左右されます。市場の需要と供給、立地や物件の状態、周辺施設の有無など、様々な要素を考慮して適切な価格を設定する必要があります。

もう一つの疑問として、「どのサイトで売ればいいのか」という点が挙げられます。不動産の売却には複数の方法があります。不動産仲介サイトや専門の不動産エージェントを活用する方法や、個人間契約を選ぶ方法などがあります。自身のニーズや物件の特徴に合った方法を選ぶことが重要です。

その他にも、売却時期や買主の選定方法、売却時にかかる税金や手数料など、不動産売却に関する様々な疑問が存在します。これらの疑問については、不動産エージェントや専門家に相談することがおすすめです。彼らは豊富な知識と経験を持っており、的確なアドバイスを提供してくれます。

不動産売却は大きな決断ですので、疑問点を解消し、不安要素を払拭することが重要です。専門家の情報を活用しながら、前向きに売却に取り組んでいきましょう。

リーガルな疑問解決

不動産売却に関する法的な疑問について解決しましょう。

まず、不動産売却において重要なのが契約書です。契約書の内容や効力に関して疑問が生じることがあります。このような場合は、契約書を専門家に確認してもらいましょう。弁護士や不動産売却の専門家に相談することで、問題点やリスクを把握し、正確なアドバイスを受けることができます。

また、売却における税金の疑問も多いです。例えば、譲渡所得税や不動産取得税に関して疑問が生じることがあります。税金に関する詳細な情報や計算方法については、税理士や税金専門家に相談しましょう。彼らは最新の税法や規制を把握しており、適切なアドバイスを提供してくれます。

さらに、土地や建物に関する法的な権利や担保権の有無についての疑問も解決する必要があります。土地の所有権や築年数の情報、建物の確認事項といった重要な要素を、専門家の助けを借りて検証しましょう。

法的な疑問を持つ場合、自身で解決するのは困難なことがあります。そのため、法的な助言を受けることが重要です。専門家のアドバイスを活用しながら、不動産売却に関する法的な疑問を解決しましょう。これにより、法的なリスクを最小限に抑え、スムーズな売却を実現することができます。

要チェック!最新の不動産市場トレンド

常に変わる不動産市場のトレンドについて更新し、最新情報を提供します。

現在の不動産市場の状況

現在の不動産市場は様々な要素によって影響を受けています。まず、需要と供給のバランスが市場状況に大きな影響を与えています。需要が供給を上回る場合には、物件価格が上昇する傾向が見られます。一方、供給が需要を上回る場合には、競争が激化し物件価格に下落の圧力がかかることがあります。

また、金利の動向も不動産市場に大きな影響を与えます。低金利環境では、住宅ローンの利子負担が軽減され、購入のハードルが下がるため需要が高まる傾向があります。

さらに、地域ごとに市場状況に差が出ることもあります。都心部や人気エリアでは需要が高く、物件価格が上昇する一方で、郊外や地方都市では需要が低迷し、物件価格が安定するケースも見られます。

不動産市場は常に変動するため、最新の市場データや情報を把握することが重要です。不動産エージェントや専門家のサポートを受けながら、市場の動向を追いながら売却戦略を立てることが求められます。

現在の不動産市場は多様で、個別の物件や地域によって状況は異なります。市場の動向を的確に把握し、それに適した売却戦略を立てることが不動産売却の成功につながるでしょう。

最新の市場トレンド

不動産市場は常に変化しており、最新の市場トレンドを把握することは重要です。現在の市場トレンドには以下のような要素があります。

まず、オンライン活用の拡大が挙げられます。不動産情報サイトやSNSなどのオンラインプラットフォームを活用することで、物件情報の発信や検索が容易になりました。スマートフォンやタブレットの普及により、不動産市場でもオンライン活用の重要性が増しています。

また、エコやサステナビリティへの関心が高まっています。省エネ効果の高い建物や再生可能エネルギーの活用など、環境に配慮した物件が注目を集めています。持続可能性を重視した物件は需要が見込まれ、市場トレンドとして急速に広がっています。

さらに、スマートホーム技術の進化も市場のトレンドとして注目されています。AIやIoTを活用した家電やセンサーを組み込んだスマートホームは、快適性や安全性を向上させることができます。これらの技術を取り入れた物件は、特に若い世代の買主に人気があります。

不動産市場の最新トレンドを把握することで、売り手の立場から競争力のある物件を提供することが可能となります。市場の動向に敏感になり、最新のトレンドを取り入れながら物件をプレゼンテーションしていきましょう。

まとめ: 不動産売却は計画と戦略が鍵

不動産売却は一歩一歩計画的に進め、適切な戦略を立てることが重要です。

不動産売却の重要ポイント再確認

不動産売却の重要ポイントを再確認しましょう。

1. 市場調査と価格設定:市場の需要と供給を把握し、適切な価格設定を行うことが重要です。

2. 物件の魅力を引き立てる:物件の特徴や利点を最大限に活かし、買主の興味を引く方法を考えましょう。

3. プロフェッショナルのサポートを活用:不動産エージェントや専門家のアドバイスを受けながら、効果的な戦略を立てましょう。

4. 契約書の正確性と明確化:契約書の作成や内容の確認を適切に行い、紛争を回避するための努力をしましょう。

5. リーガルチェックの重要性:専門家の助言を受けながら、法的な問題やトラブルを回避するための手続きを確実に行いましょう。

これらのポイントを押さえながら、売却を進めることでスムーズな取引を実現することができます。不動産売却は重要な決断ですので、可能な限り情報を収集し、専門家のアドバイスを活用して成功へと導きましょう。

最後に、成功者と共有すべき成功の秘訣について

最後に、成功者たちから共有すべき成功の秘訣をご紹介します。

1. プロフェッショナルのサポートを活用することで、的確なアドバイスや助言を得ることができます。

2. 売却プロセスにおいて計画と準備が重要です。十分な準備と計画を行い、売却に向けた戦略を練りましょう。

3. 買主とのコミュニケーションを重視しましょう。買主のニーズや要望に対応することで、円滑な取引を実現できます。

4. 市場の動向を把握し、最新のトレンドを取り入れながら物件をプレゼンテーションしましょう。

5. 弁護士や税理士などの専門家の支援を受けることで、法的な問題やリスクを最小限に抑えることができます。

これらの成功の秘訣を参考にしながら、自身の不動産売却に取り組んでいきましょう。成功者たちの経験と知恵を活かし、スムーズな取引と成功を目指しましょう。

株式会社リアルステージ
ロゴ
お客様の財産の価値を高めることを目指し、ひたちなか市で積んだ経験と専門的な知識を用います。物件の評価から近隣の不動産売却の動きに至るまで、情報の透明性を確保しながらお客様との信頼関係を築き上げます。
株式会社リアルステージ

〒312-0044

茨城県ひたちなか市元町3-11