家を売るなら!成功する売却のコツと注意点

query_builder 2024/04/13
今回の記事では、「家を売るなら」何をしたら良いのか、大切なポイントから具体的な注意点までを詳しく解説します。査定から売却、大手そして中小の選び方、買取と仲介の違い、一括依頼のメリットとデメリット、売却のタイミングや価格の動き、そして最終的に確認すべき事項まで、売却を成功させるための重要な情報を提供します。
株式会社リアルステージ
ロゴ
お客様の財産の価値を高めることを目指し、ひたちなか市で積んだ経験と専門的な知識を用います。物件の評価から近隣の不動産売却の動きに至るまで、情報の透明性を確保しながらお客様との信頼関係を築き上げます。
株式会社リアルステージ
住所:

〒312-0044

茨城県ひたちなか市元町3-11

電話番号:
029-212-5083

売却を考えたときのシチュエーションとは

家を売るなら、まずはシチュエーションを整理しましょう。ますは売却を考えたときのシチュエーションについて解説していきます。

目指すべき売却価格と相場を知る

家を売る際には、まず目指すべき売却価格を設定する必要があります。売却価格は、その物件の価値や市場の相場に基づいて決めることが重要です。具体的な相場を知るためには、不動産の専門家や不動産会社に相談し、無料の査定を受けることがオススメです。

売却価格を設定する際には、自分が得たい金額だけでなく、同様の物件や地域の相場を考慮する必要があります。相場を知ることで、自分の物件の価値を客観的に見極めることができます。また、相場と比較することで、自分が目指すべき売却価格が妥当なのかを判断することもできます。

相場を知る際には、複数の不動産会社に査定を依頼することがポイントです。その際には、物件の特徴や条件を正確に伝えることが重要です。それによって、適切な査定結果を得ることができます。また、査定結果を比較することで、相場の範囲を把握することができます。

売却価格を決める際には、相場だけでなく、物件の状態や立地条件、周辺環境なども考慮する必要があります。これらの要素を総合的に判断し、適切な売却価格を設定しましょう。売却価格が相場より高すぎる場合は、購買意欲が下がり、売却が難しくなる可能性もあります。逆に、相場より低い価格設定では、損をすることになるかもしれません。

目指すべき売却価格を正確に把握し、相場と比較することで、より効果的な売却戦略を立てることができます。そのためには、専門家のアドバイスや査定結果を参考にしながら、客観的な判断を行うことが大切です。

急ぎなのか、価格重視なのか

家を売る際には、売却のスピードと価格のバランスを考慮する必要があります。急いで売りたい場合には、スピーディーな売却手法や低めの価格設定を検討することが重要です。一方で、価格を重視する場合には、時間をかけて市場での需要を待つ戦略を選ぶことが有効です。

急ぎなのか、価格重視なのかは、自身の状況や売りたい物件の特徴によって異なります。例えば、転居や資金の必要性がある場合は、スピーディーな売却が必要です。一方、売却額を最大化したい場合や競合物件が少ない場合は、価格重視の方が優先されるでしょう。

急いで売りたい場合には、買取業者や不動産会社の一括査定サービスを活用することがオススメです。買取業者は即日で物件を買い取ることが可能なため、スピーディーな売却を実現できます。また、不動産会社の一括査定サービスを利用すると、複数の会社から査定を受けることができるため、スピードと価格の両方に優れた査定結果を得ることができます。

一方、価格を重視する場合には、市場動向や周辺の物件価格を注意深く調査しましょう。価格を重視する場合は、物件の魅力をアピールし、需要を高めるためのマーケティング戦略を練ることも重要です。広告やネットの情報発信を活用して、多くの人々に物件の魅力を伝えることが大切です。

急ぎなのか、価格重視なのかは、売主の希望や目的に応じて異なる選択肢があります。自分の状況や物件の特徴をよく考え、売却の目的に合わせた戦略を立てることが成功への第一歩となります。売却には慎重な計画と戦略が必要ですので、焦らずじっくり検討しましょう。

不動産会社の選び方

次に、不動産会社の選び方について詳しく解説します。

大手と中小、どちらを選ぶべきか

不動産会社を選ぶ際には、大手と中小のどちらを選ぶべきか検討する必要があります。それぞれには特徴やメリットがありますので、自分の希望や売却の条件に合わせて選ぶことが重要です。

大手不動産会社は、広いネットワークや高い知名度を持っています。これにより、多くの売買情報を取り扱っており、広い範囲でのマーケティング活動を展開することができます。また、大手ならではの信頼性や安心感もあります。大手での売却手続きはスムーズな場合が多く、専門知識や経験も豊富です。しかし、手数料や費用が高くなることがあるため、予算に合わせた検討が必要です。

一方、中小不動産会社は地域に密着しており、地元の市場動向やニーズをより詳しく把握しています。そのため、地元の特性に合わせた売却戦略を提案してくれることが期待できます。また、中小不動産会社は手数料や費用が比較的低い場合があり、コスト面でのメリットがあると言えます。しかし、ネットワークや知名度が大手に比べると劣るため、売却の広告宣伝や集客力がやや限られることがあるかもしれません。

大手か中小かの選択は、売却のスピードや価格重視、知名度や信頼性の重要性など、自分の優先順位や目的に合わせて判断する必要があります。自分の物件の需要や地域の市場状況をよく把握し、複数の不動産会社と面談や相談を行うことで、最適な選択をすることができます。

重要なのは、不動産会社とのコミュニケーションや信頼関係です。どちらのタイプの不動産会社を選ぶにしても、実績や口コミ、専門知識などを基に選ぶことが大切です。売却成功のためには、自分に合った不動産会社との協力関係が不可欠ですので、慎重に選びましょう。

買取と仲介の違いとは

家を売る際には、買取と仲介という2つの選択肢があります。それぞれには大きな違いがありますので、どちらを選ぶべきかを理解することが重要です。

まず、買取とは不動産会社が直接物件を買い取る形式です。買取のメリットは、スピーディーな売却が可能なことです。査定に時間がかかることなく、即座に売却が進められます。また、仲介手数料や広告費用が発生しないため、コスト面でもメリットがあります。さらに、物件の状態や立地に関係なく買取を受け付ける会社が多いため、逆に言えば条件に余裕がない場合にも有効です。しかし、買取価格は相場よりも低くなる傾向があるため、売却額を最大化したい場合には注意が必要です。

一方、仲介とは不動産会社が売主と買主の間に立ち、売却手続きをサポートする形式です。仲介のメリットは、市場での需要を最大限活かすことができる点です。不動産会社が広告宣伝やマーケティング活動を行い、多くの購買意欲のある買主に物件を紹介してくれます。また、仲介ならではの専門知識や交渉力を活かして、より良い条件での売却を目指せます。さらに、相場に応じた適切な価格設定が可能です。しかし、売却までの手続きに時間がかかることや仲介手数料が発生することに注意が必要です。

買取と仲介の選択は、売主の希望や状況に応じて慎重に判断する必要があります。スピーディーな売却や手間を省きたい場合には買取が向いていますが、売却額を最大化したい場合や市場での需要を活かしたい場合には仲介が適しています。自身の目的や条件に合わせて、買取と仲介の選択肢を比較検討しましょう。また、複数の不動産会社に相談することで、より適切な選択をすることができます。

一括査定の利用とは

ここでは、一括査定の利用について解説していきます。

一括査定のメリット

一括査定とは、複数の不動産会社に一度に査定を依頼することです。一括査定のメリットは、以下のような点があります。

まず一つ目のメリットは、効率の良い査定ができることです。複数の不動産会社に査定を依頼することで、一つ一つに連絡して査定日程を調整する手間を省くことができます。また、一括査定のサービスを利用することで、複数の査定結果をまとめて受け取ることができます。これにより、比較検討がしやすくなり、自分の物件の価値を客観的に把握することができます。

二つ目のメリットは、幅広い査定意見を得ることができる点です。一括査定を依頼することで、複数の不動産会社の専門知識や経験を活かした意見を得ることができます。それぞれの査定結果には、提案や改善点などの具体的なコメントが付いてくることもあります。これにより、自分の物件の魅力や問題点を把握し、売却戦略を立てる上でも役立ちます。

三つ目のメリットは、コスト面でのメリットです。一括査定のサービスは通常、無料で利用することができます。これにより、複数の不動産会社の査定を受ける際にかかる費用を抑えることができます。一括査定の結果を基に、適切な不動産会社を選び、売却交渉を進めることで、効率的かつコストパフォーマンスの高い取引を実現することができます。

以上のように、一括査定には効率性、幅広い査定意見、コスト面でのメリットといった利点があります。売却を成功させるためには、自身の物件の価値を正確に把握することが重要です。一括査定を活用することで、より具体的な情報を得ることができますので、積極的に利用してみましょう。

一括査定の注意点

一括査定は便利な方法ではありますが、注意点もあります。以下に一括査定を利用する際の注意点をご紹介します。

まず、一括査定の結果はあくまで目安であるという点です。査定額は、不動産会社が提供してくれる参考価格ですが、最終的な売却価格は市場の需要や交渉の結果で決まります。一括査定の結果に過度に依存せず、相場の動向や物件の特徴を考慮しながら査定額を判断しましょう。

次に、一括査定サービスを利用する際には、信頼性のある媒介業者を選ぶことが重要です。信頼できない不動産会社や情報提供元を利用すると、正確な査定結果を得ることが難しくなります。口コミや評判、過去の実績などを調べることで、信頼性の高いサービスを選ぶことができます。

また、一括査定では個人情報の入力が必要ですので、プライバシー保護の観点からも注意が必要です。提供する情報は不動産物件に関するものに限定し、個人情報やセキュリティに関する情報は慎重に扱うようにしましょう。利用するサービスのプライバシーポリシーやセキュリティ対策についても確認しておくことが重要です。

さらに、一括査定はあくまで参考情報ですので、それに基づいて契約を結ぶ必要はありません。査定結果に納得がいかない場合や他の要素を考慮したい場合は、個別に不動産会社と面談し、査定や条件の再調整を行うことも可能です。

最後に、一括査定の結果を十分に比較検討し、自身の判断で適切な不動産会社を選ぶことが重要です。査定額だけでなく、信頼性や提供されるサービス内容などを総合的に考慮しましょう。売却が成功するためには、不動産会社との信頼関係やコミュニケーションも重要ですので、慎重に選びましょう。

以上が一括査定を利用する際の注意点です。一括査定のメリットを活かしながら、注意点にも留意しながら売却計画を進めましょう。

売却のタイミングとは

具体的な売却のタイミングについて、詳しく見ていきましょう。

最適な売却時期とは

家を売る際には、最適な売却時期を選ぶことが重要です。売却時期は、売却価格や売却スピードに大きな影響を与える要素です。以下に、最適な売却時期を考える上でのポイントをご紹介します。

まず、地域の不動産市場の状況を把握することが重要です。不動産市場は季節や地域によって変動することがあります。一般的に、春や秋は不動産市場が活発になります。春は新年度や転勤のシーズンであり、秋は入学や進学のシーズンです。これらの時期には需要が高まり、売買が盛んに行われる傾向があります。ただし、地域の特性や物件の特性によっても変動があるため、市場のトレンドをよく確認しましょう。

次に、物件の状態や特徴を考慮しましょう。物件が特定のシーズンやイベントに関連する魅力を持っている場合、その時期に売却する方が有利なことがあります。例えば、庭やバルコニーが美しい物件は春や夏に最大限の魅力を発揮し、スキー場に近い物件は冬に需要が高まることがあります。物件の魅力を最大限に引き出すタイミングを考えることで、より良い売却結果を得ることができます。

また、経済情勢や金利の動向にも注目しましょう。景気が好調で低金利が続いている時期は、不動産購入の需要が高まる傾向があります。このような時期に売却を行うことで、需要と供給のバランスが良くなり、売却価格が上昇する可能性があります。一方、景気の落ち込みや金利の上昇が予想される時期は、一時的に売り手市場から買い手市場にシフトすることがあるため、買い手の交渉力が高まるかもしれません。

最後に、個人の状況や目的を考慮しましょう。転居や資金の必要性、生活や家族の変化など、個人の事情やスケジュールに合わせて売却時期を決定することも重要です。売りたい物件が何らかの修繕や改装が必要な場合には、それを行うための時間を確保する必要があります。

以上が最適な売却時期を考える上でのポイントです。不動産市場の状況や物件の特徴、経済情勢などを総合的に考慮し、自身の目的やスケジュールに合わせて最適な売却時期を選ぶことが大切です。

売却時期の影響と変動要因

売却時期は売却価格に大きな影響を与える要素です。売却時期によって市場の需要と供給のバランスが変動し、これが売却価格の変動要因となります。以下に、売却時期の影響と変動要因をご紹介します。

まず、需要と供給のバランスが売却価格に与える影響です。需要が供給を上回る場合には売り手市場となり、需要が供給を下回る場合には買い手市場となります。売り手市場では需要が高まるため、売却価格が上昇する傾向があります。一方、買い手市場では供給が過剰となり、競争が激しくなるため、売却価格が低下する可能性があります。売却時期を選ぶ際には、市場のトレンドや動向を考慮しましょう。

次に、季節やイベントによる需要の変動が売却価格に与える影響です。特定の季節やイベントに関連する物件の需要は、その時期に高まる傾向があります。例えば、リゾート地の物件は夏季に需要が高まりますし、学校が始まる春や秋には住宅物件の需要も上昇します。物件の特徴や地域の需要に応じて、売却時期を選ぶことで需要を最大限に引き出せる可能性があります。

さらに、経済情勢や金利の動向も売却価格に影響を与える要因です。景気が好調で低金利が続くと、不動産への投資ニーズが高まります。このような時期には需要が増え、売却価格が上昇する可能性があります。逆に景気が低迷し金利が上昇すると、需要が減少し売却価格が低下する傾向が見られることがあります。経済情勢や金利の動向を注視し、マーケットのトレンドを把握することが重要です。

売却時期の影響と変動要因を考慮することで、より適切な売却戦略を立てることができます。市場の需要と供給のバランス、季節やイベント、経済情勢や金利の動向を注意深く観察し、自身の物件の特徴と照らし合わせながら最適な売却時期を見極めましょう。売却価格を最大化するためには、タイミングの選択が重要ですので、慎重に判断しましょう。

価格の決め方と交渉のコツ

価格の決め方と交渉のコツを理解すれば、よりスムーズな売却が期待できます。

適切な価格の決め方

適切な価格設定は、家を売る上で重要な要素です。適切な価格を設定することで、売却をスムーズに進めることができます。以下に、適切な価格を決めるためのポイントをご紹介します。

まず、物件の相場を調査しましょう。同じエリアや近隣の物件の価格を参考にすることで、自分の物件の相場を把握することができます。不動産会社の査定や一括査定の結果も参考になりますが、相場の動向や価格帯を確認することも重要です。相場から大きく外れた価格設定は、売却のスピードや結果に影響を与える可能性があるため、注意が必要です。

次に、物件の特徴や状態を考慮しましょう。間取りや広さ、設備や設備の状態、立地条件などが価格に影響を与える要素です。同じエリアでも物件によって価格が異なることがあります。自分の物件の特徴や魅力、改装や修繕の履歴などを詳細に把握し、他の類似物件や競合物件と比較しながら価格を設定しましょう。適切な価格設定は競争力のある売却を実現するポイントです。

また、市場の需要と供給のバランスも価格設定に影響を与えます。需要が供給を上回る場合には価格が上昇し、逆に供給が需要を上回る場合には価格が下がる傾向があります。市場の動向やトレンドを把握し、需要と供給のバランスを考慮しながら価格設定を行いましょう。また、競合物件やマーケットの需要動向なども注視し、自分の物件を適切に評価することが大切です。

以上が適切な価格設定のポイントです。相場調査や物件の特徴、需要と供給のバランスを考慮することで、より適切な価格を設定することができます。価格を適切に設定することで、売却のスムーズな進行や適正な売却価格を引き出すことができますので、慎重に検討しましょう。

価格交渉のポイント

売却価格の設定が終わったら、次は価格交渉のポイントを押さえることが重要です。以下に、価格交渉を成功させるためのポイントをご紹介します。

まず一つ目のポイントは、市場の相場や競合物件の価格を把握することです。相場や競合物件の価格情報を把握することで、自身の物件の価値を客観的に見極めることができます。また、競合物件や市場の動向を知ることで、相手の交渉意向や価格交渉の余地を把握することができます。

次に、物件の魅力や付加価値をアピールすることです。売却価格に納得がいかない買主との交渉では、物件の魅力や特徴をアピールすることが重要です。改装や修繕の履歴、立地条件など、買主が価値を感じる要素を積極的に伝えましょう。買主が物件の付加価値を認識し、競合物件との差別化を図ることで、価格交渉において有利な立場を築くことができます。

また、柔軟な姿勢を持つことも大切です。売却価格に頭を固くなりすぎず、柔軟な姿勢で交渉に臨むことがポイントです。買主からの要望や提案に対しても、真摯に受け止め、相手の意見や要求に対して考慮する姿勢を示すことが重要です。折衝や妥協を通じて、双方が納得できる価格に近づくことができます。

最後に、交渉の範囲や限度を把握することです。価格交渉では、自身の目標価格や売却条件を明確に持ちながら、交渉範囲を把握することが重要です。売却条件や利益に対する最低限のラインを設定し、それを越えるような交渉には応じないようにしましょう。目標価格を達成するためにも、交渉の限度を明確にし、自身の立場をしっかりと守ることが必要です。

以上が価格交渉のポイントです。相場や競合物件の価格情報を把握し、物件の魅力をアピールしながら、柔軟な姿勢で交渉を進めましょう。自身の目標価格を念頭に、交渉範囲や限度を把握しながら、売却価格を最大限に引き出す努力をしましょう。

契約までの流れとは

ここでは、売却契約までの流れを順を追って解説します。

契約までの工程

家を売るには、契約までの工程を順を追って進める必要があります。以下に、契約までの主な工程をご紹介します。

まず最初の工程は、不動産会社の選定と契約準備です。選んだ不動産会社との間で契約書を作成し、売却に関する重要事項や手数料などについて明確に合意します。契約内容をしっかりと確認し、不明点や疑問点があれば遠慮せずに質問することが重要です。

次に、物件の情報を登録し、広告やマーケティング活動を開始します。不動産会社は広告やネットの情報発信を通じて、多くの潜在的な買主に物件をアピールします。物件の魅力や特徴を最大限に引き出し、需要を高めるための努力が求められます。同時に、内覧や説明会の準備も進めていきます。

その後は、買主との交渉と媒介契約です。買主からの査定や購入意思表示があった場合には、価格や条件などについて具体的に交渉を進めます。売主と買主が合意に達したら、媒介契約書を作成し、双方が同意した内容で正式な契約を結びます。この契約には、売買代金や引渡日、物件の状態などが詳細に記載されます。契約内容をきちんと理解し、問題がないか確認することが大切です。

最後に、契約書に基づいて売却手続きを進めます。これには、物件の引き渡しや売買代金の決済、必要な書類の準備などが含まれます。不動産会社の指示に従い、売買手続きをスムーズに進めていきましょう。

以上が契約までの主な工程です。不動産会社の選定から契約準備、買主との交渉、媒介契約、最終的な売却手続きまで、順を追って進めることが重要です。不明な点や心配事があれば、遠慮せずに不動産会社に相談しましょう。しっかりと工程を把握し、スムーズな売却を目指しましょう。

査定から売却までの目安期間

査定から売却までの期間は、物件や市場の状況によって異なります。以下に、一般的な目安期間をご紹介します。

まず、査定から売却までの期間は、平均して1か月から3か月程度とされています。査定や広告などの準備を行い、買主との交渉や契約手続きを進める時間がかかるためです。ただし、個別の状況や市場の需要と供給のバランス、物件の特徴などによって異なることがあります。

物件の需要と供給のバランスや市場の状況も期間に影響を与えます。需要が高いエリアや魅力的な物件であれば、売却までの期間が短くなる傾向があります。逆に需要が低下しているエリアや物件の場合は、売却までに時間を要することもあります。市場の動向を把握し、柔軟に対応することが重要です。

また、物件の状態や価格設定も売却期間に影響を与えます。物件の魅力や値段を適切に評価し、需要に見合った価格設定を行うことで、売却までの期間を短縮することができます。価格設定が適切でない場合は、需要が低下し売却までに時間がかかることがあります。物件の状態や価格を適切に判断し、柔軟に調整することがポイントです。

以上が査定から売却までの目安期間に関する一般的な情報です。少なくとも1か月以上は見ておくことがおすすめですが、物件や市場の状況によって期間は変動します。売却までの期間を予測し、早めに動き始めることで、スムーズな売却を目指しましょう。

売却後の手続き

売却後の手続きも忘れてはいけません。ここではその詳細を解説します。

売却後の手続き一覧

家を売却した後には、いくつかの手続きが必要です。以下に、売却後の主な手続き一覧をご紹介します。

まず、売却手続きの一環として、売買契約書に基づいた物件の引き渡し手続きがあります。売主と買主が合意した引き渡しの日時に物件の引き渡しを行い、正式に所有権を移転させます。引き渡し時には、引き渡しの証明書や鍵の引き渡しを行うことが一般的です。

次に、住民票や保険などの住所変更手続きがあります。売却後は住所が変わるため、市役所や関連機関に住所変更の手続きを行う必要があります。また、自動車や生命保険、各種会員カードなど、登録情報の変更を忘れずに行いましょう。

また、売却に関連する税金の手続きも忘れてはいけません。売却によって発生する所得税や固定資産税など、関連する税金の申告や納税手続きを行う必要があります。税金の手続きは、税務署や専門家への相談が必要です。

さらに、銀行やローン会社との連絡や手続きも重要です。売却によってローンが残っている場合は、残金の返済やローンの解約手続きを行う必要があります。銀行の口座や振込先に変更がある場合も連絡し、必要な手続きを行いましょう。

以上が売却後の主な手続き一覧です。売却後は、引き渡し手続きや住所変更手続き、税金やローンの手続きなど、さまざまな手続きに注意を払う必要があります。手続きを早めに行い、スムーズな移行を目指しましょう。必要に応じて、売却に関わる専門家や関連機関のサポートを利用することもおすすめです。

注意しておくべき売却後の問題点

売却後には注意が必要な問題点もありますので、以下にいくつかのポイントをご紹介します。

まず、売却後の住宅ローンの残債について注意が必要です。もし売却時に住宅ローンが残っている場合、返済の計画をしっかり立てましょう。また、ローンの解約手続きや返済に遅れが生じないように注意しましょう。

次に、売却後に不動産売却益に対する税金がかかる可能性があることに留意してください。売却益については所得税や住民税が課税されることがあります。適切な税金の申告と納付をするために、税務署や専門家との相談をおすすめします。

さらに、売却後の物件の引き渡しや明渡しに関しても注意が必要です。売却契約書に基づいた引き渡し日程や物件の状態を確認しましょう。万全な状態で引き渡しを行うために、物件の清掃や修繕を適宜行うことが重要です。

最後に、売却後の新たな居住先や住まいの確保にも配慮が必要です。売却後に新しい住居を確保している場合は、引っ越しや生活環境の整備に時間をかけることが重要です。前もって計画を立て、スムーズな移行を心がけましょう。

これらの問題に対して、事前の準備と周到な対策が不可欠です。売却後のリスクを最小限に抑えるために、専門家や関連機関とのコミュニケーションを大切にし、必要な手続きを適切に行いましょう。売却後に問題が生じないように、早めに対処し、安心して新たなステップに進むことが大切です。

まとめ

さて、以上で家を売る際の注意点やコツをまとめてきました。

家を売るべきな時期の見極め方

家を売るべきな時期を見極めるためには、いくつかのポイントに注目することが大切です。まずは市場動向や需要の変動、地域の物件相場などを把握しましょう。次に、自身の生活や経済状況、家族の状態などを考慮し、売却のタイミングを検討しましょう。また、物件の特徴や魅力、改装や修繕の需要も考慮しながら最適な売却時期を判断しましょう。以上のポイントを総合的に考慮することで、売却を成功させるタイミングを見極めることができます。

次やるべきステップ

家を売った後、次にやるべきステップを確認しましょう。まずは売却に伴う手続きや費用の確認を行います。残っているローンや税金の支払い、物件の引き渡しや明渡し手続きなどに注意しましょう。また、新たな住まいや生活環境の準備も重要です。新居の探索や引っ越し、必要な手続きや生活用品の整備などを計画的に進めましょう。さらに、今後の資産運用や住宅の再購入についても考えることがあります。不動産投資や新たな住宅購入を検討する場合は、慎重な計画と専門家のアドバイスを活用しましょう。次のステップをしっかりと考え、順調な移行を目指しましょう。

株式会社リアルステージ
ロゴ
お客様の財産の価値を高めることを目指し、ひたちなか市で積んだ経験と専門的な知識を用います。物件の評価から近隣の不動産売却の動きに至るまで、情報の透明性を確保しながらお客様との信頼関係を築き上げます。
株式会社リアルステージ

〒312-0044

茨城県ひたちなか市元町3-11