ひたちなか市での不動産売却流れを知る

query_builder 2024/02/28 ひたちなか市 不動産売却
この記事では、ひたちなか市での不動産売却の流れについて詳しく解説します。具体的な手順から素朴な疑問まで、包括的にご紹介します。これであなたも不動産売却のプロ。安心して不動産売却に臨むことができます。
株式会社リアルステージ
ロゴ
お客様の財産の価値を高めることを目指し、ひたちなか市で積んだ経験と専門的な知識を用います。物件の評価から近隣の不動産売却の動きに至るまで、情報の透明性を確保しながらお客様との信頼関係を築き上げます。
株式会社リアルステージ
住所:

〒312-0044

茨城県ひたちなか市元町3-11

電話番号:
029-212-5083

不動産売却の基本

まずは不動産売却の一般的な流れについて理解しましょう。具体的な手順から、それぞれのステップでの注意点までを解説します。

不動産の査定

不動産売却の流れの中でも重要なステップとして、不動産の査定があります。ひたちなか市での不動産売却においても、正確な市場価値を把握するためには査定を行うことが不可欠です。

不動産の査定は、専門の不動産業者に依頼することが一般的です。業者は豊富な経験と知識を持ち、市場動向や物件の特徴を踏まえた的確な査定を行ってくれます。ひたちなか市の特徴や地域の需要などを熟知していることも、地域密着の不動産業者ならではの長所です。

査定は通常、以下の要素を考慮して行われます。まず、物件の広さや間取り、築年数などの基本的な情報が把握されます。また、立地条件や周辺環境、交通アクセスなども重要な要素となります。

さらに、ひたちなか市の不動産市場の動向や競合物件の状況なども勘案されます。同じような物件が多く出回っている場合は競争が激しくなり、査定結果にも影響が出るかもしれません。

査定結果が出た後は、その金額を基に売却価格を設定することになります。査定額に対して適切なマージンを考慮し、物件の魅力や需要と供給のバランスを考慮して価格を設定することが求められます。

不動産の査定は売却のための基礎となる重要な工程です。ひたちなか市の不動産売却を成功させるためにも、信頼できる不動産業者に査定を依頼し、正確な市場価値を把握することが大切です。

売却価格の設定

不動産の査定が終わった後は、査定結果を基に売却価格を設定することが必要です。ひたちなか市での不動産売却においても、適正な価格設定はスムーズな売却の鍵となります。

売却価格の設定にはいくつかのポイントがあります。まずは査定結果を参考にしながら、物件の実態や特徴を総合的に考慮することが重要です。例えば、広い敷地や素敵な庭、駅からのアクセスの良さなど、物件の魅力を適切に評価することが求められます。

一方で、ひたちなか市の不動産市場の動向や競合物件の価格なども踏まえなければなりません。同じような物件が多数出ている場合は価格競争が激しくなるため、査定額に対して適切なマージンを設けることも考えましょう。

さらに、売却の目的や緊急性なども価格設定に影響を与えることがあります。急いで売却したい場合は売却価格を下げることで需要を喚起し、早期に成約を目指すことも一つの手段です。

売却価格の設定においては、物件の実態や市場のニーズ、売主の目的などを総合的に考慮し、適正な価格を見極めることが肝要です。また、専門の不動産業者に相談することもおすすめです。彼らは長年の経験と専門知識を持ち合わせており、適切な価格設定のアドバイスをしてくれることでしょう。

ひたちなか市での不動産売却においては、正確な査定結果を基に適正な価格を設定することが大切です。売却価格の設定を慎重に行い、スムーズな売却を実現しましょう。

売却方法の選択

次に不動産の売却方法について考えてみましょう。いくつかの選択肢があり、それぞれにメリットとデメリットが存在します。

売却方法の選択

不動産の売却を進めるにあたり、売却方法を選択することが重要です。ひたちなか市での不動産売却においても、いくつかの選択肢があります。それぞれのメリットとデメリットを理解し、自身の状況に合った売却方法を選びましょう。

一つ目の選択肢は、仲介業者を通じた売却です。不動産仲介業者は、売却活動のプロフェッショナルとして広範なネットワークや専門知識を持っています。仲介業者は物件の広告や買主の選定、価格交渉などを代行してくれるため、自身で売主側の活動を行う手間と時間を節約することができます。

しかしこの方法には手数料が発生することや、売却価格に手垢をつける可能性があるというデメリットもあります。また、仲介業者との契約やコミュニケーションにも注意が必要です。

二つ目の選択肢は、売主自身が買主を探す売却方法です。近年インターネットの普及により、不動産の情報を掲載することが容易になりました。自身で物件を公開し、買主を見つけることができるでしょう。

この方法は仲介業者の手数料を抑えることができるというメリットがあります。ただし、買主の選定や価格交渉など全て自身で行わなければならないため、時間と労力の投資が必要です。また、広告や物件情報の公開方法にも注意が必要です。

ひたちなか市での不動産売却においては、自身の条件や目標、売却物件の属性などを考慮した上で、適切な売却方法を選択することが大切です。仲介業者に依頼するか、売主自身が買主を探すか、それぞれのメリットとデメリットを比較し、慎重に判断しましょう。

売却方法の検討

売却方法を選択する前に、より具体的に売却方法を検討しましょう。ひたちなか市での不動産売却においては、売却物件の属性や目標の売却価格、売却のタイムスケジュールなどを考慮する必要があります。

まず、売却物件の属性を見てみましょう。物件の広さや間取り、築年数、立地条件などによって、適した売却方法が異なることがあります。例えば、物件の広い一戸建てでは、仲介業者を通じて広く買主を募る方法が適しているかもしれません。一方で、小規模なマンションなどでは、周囲の地域情報やコミュニティを活かし、自身で買主を探す方法が有効かもしれません。

また、目標の売却価格も検討材料となります。売却物件の査定結果と比較し、自身の目標価格に対して仲介業者の手数料や売却にかかる費用などを考慮しながら、売却方法を見極めましょう。目標の売却価格が高い場合は、自身で買主を探すことで余分なコストを節約することができるかもしれません。

さらに、売却のタイムスケジュールも重要です。急いで売却を進めたい場合は、自身で買主を探す方法よりも仲介業者を通じた売却がスピーディーな結果を得られるかもしれません。一方で、時間に余裕がある場合は自身で買主を探す方法を選ぶことで、売却価格に妥協せずに待ったをかけることもできるでしょう。

ひたちなか市での不動産売却においては、売却物件の属性や目標の売却価格、売却のタイムスケジュールなどを総合的に検討し、最適な売却方法を選択しましょう。効率的かつ円滑な売却を実現するために、慎重に判断しましょう。

売却準備

売却方法が決まったら、具体的な売却準備に着手します。ここでは売却に必要な書類準備や物件の魅力を引き立てるための工夫について解説します。

売却に必要な書類

不動産を売却する際には、いくつかの書類が必要となります。ひたちなか市での不動産売却においても、必要な書類を揃えることが重要です。

まず、売却に必要な最も基本的な書類としては、戸籍謄本や登記簿謄本が挙げられます。これらの書類は、不動産の所有権や抵当権などの情報を確認するために不可欠です。不動産業者や行政書士などの専門家に相談することで、正確な書類を取得することができます。

また、売却に関連する他の書類としては、固定資産税の課税通知書や固定資産税評価証明書、住民税の課税通知書などがあります。これらの書類は、不動産の評価や税金の詳細などを確認するために必要です。

さらには、建物に関連する書類も必要となる場合があります。例えば建物の写真や間取り図、設備の仕様書、修繕履歴などが挙げられます。これらの書類は、売却時に物件の魅力をアピールするために活用されることがあります。

不動産の売却にあたっては、これらの書類を揃えるだけでなく、正確な情報を提供することも重要です。間違った情報や書類の不備が売却の遅延やトラブルを引き起こすことがあるため、慎重に取り組むようにしましょう。

ひたちなか市での不動産売却においては、必要な書類を正確に準備することが大切です。不動産業者や専門家のアドバイスを受けながら、売却に関連する書類を手続きすることで、スムーズな売却を進めることができるでしょう。

物件の魅力を引き立てる

物件を売却する際には、物件の魅力を引き立てる工夫も大切です。ひたちなか市での不動産売却においても、物件を魅力的に見せることで、より多くの買主の関心を引くことができます。

まず、物件の外観や内装の美しさや清潔さを重視しましょう。売却時には物件をできるだけ整理整頓し、掃除を徹底することが必要です。また、修繕が必要な箇所がある場合は、手直しや修繕を行い、物件全体の印象を良くすることも大切です。

次に、物件の特徴や魅力をアピールするために、写真や動画を活用しましょう。ひたちなか市ならではの特徴的な風景や近隣施設などを撮影し、物件の魅力を引き出すことができます。また、間取り図や設備の仕様書なども掲載することで、買主に対してより詳細な情報を提供することができます。

さらに、物件の周辺環境やアクセスの良さを積極的にアピールしましょう。ひたちなか市の魅力的なスポットや自然環境、交通の便利さなどを紹介することで、買主にとっての魅力がより高まります。

また、物件自体のポイントを活かした販売戦略も有効です。例えば、広い庭や屋上テラス、温泉、防音室など、物件の特徴的な要素を強調し、それを利点としてアピールすることで、特定のターゲット層に訴求することができます。

物件を売却する際には、外観や内装の美しさ、物件の特徴や魅力、周辺環境のアピールなど、様々な要素を考慮して魅力を引き立てる工夫を行いましょう。ひたちなか市での不動産売却においても、物件を魅力的に見せることで、より早く良い条件での売却を実現することができます。

物件の公開

準備が整ったら物件を公開します。多くの人に物件情報を見てもらうことで、売却の可能性を引き上げます。

物件情報の公開

物件情報を公開することは、不動産売却において重要なステップです。ひたちなか市での不動産売却においても、広く多くの人に物件情報を伝えることで、売却の可能性を広げることができます。

まずは、インターネットを活用して物件情報を公開しましょう。不動産のポータルサイトや不動産仲介サイトなどを利用することで、多くの人々に物件の存在を知ってもらうことができます。写真や動画を駆使し、物件の魅力を引き出すようにしましょう。また、詳細な物件情報や特徴、アクセスなども明確に掲載することが重要です。

物件情報の公開には、新聞広告などのオフラインメディアも有効です。特に地域密着の新聞や情報誌などは、地元の人々にアピールができるため、適切な買主との出会いの機会を広げることができます。また、チラシやポスターの配布、不動産業者の店舗に掲示するなどの方法も考慮しましょう。

さらに、物件情報を効果的に伝えるためには、魅力的な文章を作成することも大切です。物件の特徴や周辺環境、アクセスの良さなどを具体的に表現し、買主の関心を引くことが求められます。また、物件の魅力を引き立てるキャッチフレーズやポイントを工夫することも効果的です。

物件情報の公開は、広く多くの人に物件の存在を知らせ、売却の可能性を広げるための重要な手段です。ひたちなか市での不動産売却においても、インターネットやオフラインのメディアを上手に活用し、物件情報を効果的に公開していきましょう。

内見の提供

物件情報を公開した後は、内見を提供することが重要です。内見を通じて、買主候補が物件の魅力を直接確認する機会を提供しましょう。ひたちなか市での不動産売却においても、内見は売却の成功につながる重要なステップです。

内見を提供する際には、買主候補のスケジュールと調整することが重要です。柔軟な対応や迅速な対応を心掛け、買主候補が物件に興味を持っているタイミングで内見を行うようにしましょう。また、内見時には物件の魅力や特徴を説明し、買主候補に適切な情報を提供することも大切です。

内見では、物件の外観や内部の様子を詳細に見ることができるようにしましょう。清潔で整然とした状態を保ち、購買意欲を高めるような印象を与えることが求められます。また、特に魅力的なポイントや設備の利点なども積極的にアピールし、買主候補に物件の価値を伝えることが重要です。

内見時には、買主候補の質問や要望にも丁寧に対応することが求められます。物件に関する疑問や不安を解消することで、買主候補の関心を高めることができます。また、買主候補の意見や感想を聞き出し、売却条件や価格交渉にも活かすことができるでしょう。

内見を提供することによって、買主候補は物件を実際に体験し、魅力を直感的に感じることができます。ひたちなか市での不動産売却においても、内見を通じて物件の魅力を引き出し、買主候補との接点を深めることで、円滑な売却を実現しましょう。

契約準備

買主が見つかったら契約の準備に進みます。適切に契約を結ぶためのポイントをご紹介します。

売買契約の準備

売却先の買主が見つかったら、売買契約の準備に進む必要があります。ひたちなか市での不動産売却においても、適切な売買契約を結ぶための準備が重要です。

まずは売買値段や引き渡し日などの条件を明確にしておきましょう。売買契約書には、物件の詳細情報、売買条件、売主と買主の連絡先などを含める必要があります。これらの情報を事前に整理し、正確な記載ができるようにしましょう。

売買契約の準備には、法律や規制に関するチェックも行うことが重要です。契約書が法的に有効であり、問題がないことを確認するために、不動産業者や行政書士、弁護士などの専門家の助言を受けることがおすすめです。彼らは契約作成に慣れており、必要な法的手続きを進めるためのアドバイスをしてくれるでしょう。

また、契約書作成の際には細心の注意が必要です。契約内容や条件を明確かつ具体的に記載し、双方が納得できる形で作成することが求められます。特に、売却価格、引渡しの具体的な日時や方法、契約解除条件などを詳細に明記することが重要です。

売買契約の準備には時間と労力がかかりますが、慎重な準備は問題発生を予防し、円滑な売却を実現するために不可欠です。ひたちなか市での不動産売却においても、売買契約書の正確な作成と法的なチェックを行い、双方の利益を保護するための準備をしっかりと行いましょう。

専門家との相談

売買契約の準備に際して、専門家との相談は非常に重要です。ひたちなか市での不動産売却においても、複雑な手続きや法的なチェックを専門家に依頼することが一つの手段です。専門家のアドバイスを受けながら、スムーズで安全な売買契約を進めましょう。

まず、不動産業者に相談することは非常に重要です。不動産業者は売却のプロフェッショナルであり、豊富な経験と知識を持ち合わせています。彼らは市場動向や法的な要件に精通しており、適切なアドバイスを提供してくれます。また、契約書作成や物件の評価、価格交渉などを代行してくれるため、売主の負担を軽減することができます。

また、行政書士や弁護士に相談することも検討しましょう。彼らは法律の専門家であり、売買契約書の作成や法的なチェックを行ってくれます。特に法的な問題が予想される場合や、売買の条件が複雑な場合は、専門家のアドバイスを受けることが重要です。

売買契約の準備においては、専門家との相談を通じて的確な情報やアドバイスを得ることができます。専門家は売主の立場に立ちながら、売買契約に関する課題を解決し、リスクやトラブルを最小限に抑えるためのサポートをしてくれます。

ひたちなか市での不動産売却においては、専門家との相談を適切に行い、売買契約の準備を進めましょう。不動産業者や行政書士、弁護士など、信頼できる専門家を選び、適切なアドバイスとサポートを受けながら、円滑かつ安心な売買契約を実現しましょう。

契約と引渡し

最後に契約して物件の引渡しを行います。ここではスムーズな引渡しのポイントを説明します。

契約の進行

売買契約の準備が整ったら、次は契約を進行させる段階に入ります。ひたちなか市での不動産売却においても、売買契約の進行は重要なステップです。

まずは、売買契約書に記載された内容に誤りや漏れがないかを再度チェックしましょう。売買価格や物件の詳細情報、引き渡しの日時や条件など、細部まで正確に記載されているかを確認し、売主と買主の双方が納得する形であることを確認します。

次に、売買契約書に署名しましょう。売主と買主の双方が契約書に署名し、契約の成立を確認します。署名を行う前に、不動産業者や専門家による最終チェックを受けることもおすすめです。彼らは契約書の内容を慎重に確認し、双方の利益を保護するためのアドバイスをしてくれるでしょう。

契約が成立した後は、売買代金の支払いと引き渡しの手続きが行われます。売買契約書に基づき、買主は売買代金を支払い、売主は引き渡しを行います。正確な引き渡し手続きや振込手続きを行うために、銀行や不動産業者との連携が重要です。

また、売買代金の支払い後には、売主は不動産の名義変更や公共料金の解約などの手続きを進める必要があります。これらの手続きも含め、契約の進行には細心の注意が求められます。

ひたちなか市での不動産売却においては、売買契約の進行を慎重に行いましょう。売買契約書の再確認、署名・捺印、売買代金の支払いや引き渡し手続きなど、細部に渡る進行を丁寧に行うことで円滑な売買手続きを実現できます。

引渡しの進行

売買契約が結ばれた後は、引渡しの手続きを進行させます。ひたちなか市での不動産売却においても、引渡しの進行は重要なステップです。

まずは、売主と買主が引渡しの日時や方法について合意する必要があります。売買契約書に明記された引渡しの日時に、物件を買主に引き渡します。引渡し方法には直接引き渡しや郵送などがありますが、契約書に基づき適切な方法を選択しましょう。

引渡しの際には、物件の状態を確認することも重要です。入居者がいる場合には、退去後の清掃などを行い、物件をきれいな状態で引き渡すようにしましょう。また、物件についてのアドバイスや操作方法、鍵の引き渡しも行います。買主が物件を適切に管理・利用できるように、丁寧に説明することが求められます。

引渡し時には、売主と買主が立ち会うことが望ましいです。物件の状態や付属品の確認、不備や問題がないかの点検を行い、確認書なども作成すると良いでしょう。これにより、引渡し時のトラブルや紛失物などの問題を未然に防ぐことができます。

売買契約の引渡し後には、売主は不動産の名義変更や公共料金の解約などの手続きを行います。売主と買主は、互いの責任を果たすために、引渡し後も適宜連絡を取り合い、必要な手続きを進めることが重要です。

ひたちなか市での不動産売却においては、引渡しの進行に細心の注意を払いましょう。引渡しの日時や方法の合意、物件の確認と点検、買主への説明などを丁寧に行い、円滑な引渡しを実現しましょう。売主と買主の双方が満足する形での引渡しを目指し、円満な取引を成立させましょう。

後始末

不動産の売却が終了した後も必要な手続きがあります。後始末のポイントを解説します。

住民票の移動

不動産の売却が完了した後には、住民票の移動手続きなど、生活関連の手続きが必要です。ひたちなか市での不動産売却においても、適切な手続きを進めることが重要です。

住民票の移動手続きは、売主が新たな住所に移転する際に必要な手続きです。まず、ひたちなか市の役所に移転届を提出することから始めましょう。移転届には、売主と新たな住所、引っ越し先の予定日などを記入します。提出時には、必要な書類や身分証明書なども一緒に持参するようにしましょう。

また、住民票の移動に伴い、国民健康保険の手続きも行う必要があります。ひたちなか市では、住民票の移動手続きと同時に国民健康保険の解約手続きを行い、新しい地域の国民健康保険に加入することが一般的です。必要な手続きや書類については、市役所や保険組合に問い合わせることで詳細がわかります。

住民票の移動手続き以外にも、引っ越しに伴う手続きには注意が必要です。旧住所の公共料金の解約や新住所での契約、転送郵便の手続きなども忘れずに行いましょう。これらの手続きを適切に行うことで、新たな生活のスタートをスムーズに切り出すことができます。

ひたちなか市での不動産売却においては、売主は住民票の移動手続きを適切に進めることが重要です。移転届や国民健康保険の解約手続きを忘れずに行い、円滑な引っ越し手続きを実現しましょう。市役所や関係機関の案内に従いながら、迅速かつ正確に手続きを進めることが大切です。

税金の処理

不動産売却に伴い、売却による所得が発生するため、税金の処理も重要です。ひたちなか市での不動産売却においても、適切な税金処理を行うことが求められます。

まず、売却による所得税の計算が必要です。不動産の売却に伴う所得は、売却代金から取得費用や償却費を差し引いた差額となります。所得税はこの差額に対して課税されますが、非居住者には特別控除や課税証明書の取得が必要な場合もあります。

また、不動産売却に伴っては固定資産税の処理も必要です。売却後は売主ではなく買主が固定資産税の納税義務を負うことになりますが、正確な処理をするためには市役所に相談することが重要です。売主と買主の間で適切に手続きを進め、負担を正確に分担するようにしましょう。

売却による所得がある場合、確定申告が必要となることも考慮しましょう。必要な書類や必要な項目を確認し、税務署に提出することが求められます。確定申告の際には、専門家のアドバイスを受けることもおすすめです。

ひたちなか市での不動産売却においては、税金の処理を適切に行うことが重要です。所得税や固定資産税などの手続きを正確に行い、税務上のトラブルや問題を未然に防ぎましょう。市役所や税務署のガイドラインに従いながら、適切な申告や手続きを行いましょう。

まとめ

以上が、ひたちなか市での不動産売却の流れになります。最後に総括してみましょう。

不動産売却の流れの理解

不動産売却の流れを理解することは、ひたちなか市での不動産売却において成功するための重要な要素です。以下に、不動産売却の流れを総括した内容をご紹介します。

不動産売却は、一般的に以下のような流れで進行します。

まずは、不動産の査定から始めましょう。ひたちなか市での不動産売却においても、正確な市場価値を把握するために査定を行うことが重要です。査定結果を基に売却価格を設定し、売却条件を明確にしましょう。

次に、売却方法を選択します。仲介業者を通じた売却や売主自身が買主を探す方法など、適切な方法を選ぶことが重要です。売却方法の選択は、売却物件の属性や目標売却価格、タイムスケジュールなどを考慮する必要があります。

売却方法が決まったら、具体的な売却準備に取り組みましょう。物件に必要な書類を準備し、物件の魅力を引き立てるための工夫を行います。これにより、物件情報の公開や内見の提供が可能となります。

物件情報が公開されれば、買主候補が現れることでしょう。内見を提供し、買主候補の関心を引く機会をつかみましょう。買主との交渉や契約の準備に進むことで、売買契約を成立させます。

最終的には、売買契約の成立後に契約と引渡しを行います。契約内容の再確認や売買代金の支払い、物件の引渡し手続きなどを適切に進め、売却を終了させます。

ひたちなか市での不動産売却においては、不動産売却の流れを正確に理解することが重要です。査定から売却方法の選択、売却準備、買主との交渉、契約と引渡しまで、各ステップを順序立てて進めることで円滑な売却を実現することができます。適切なアドバイスや専門家のサポートも活用しながら、不動産売却を成功させましょう。

ご自身に合った売却方法を

不動産売却を成功させるためには、ご自身に合った売却方法を選ぶことが重要です。ひたちなか市での不動産売却においても、慎重に検討し、最適な方法を選ぶことが求められます。

まずは、売却物件の属性や目標売却価格を考慮しましょう。物件の特徴や条件によって、どのような売却方法が最適かが異なることがあります。例えば、希少な物件や需要の高いエリアに位置する物件なら、仲介業者を通じた広告や買主の募集が効果的です。一方で、スピーディーな売却を望むのであれば、自身で買主を探す方法も選択肢の一つです。

また、売却物件の特性や目的によっては、売却方法の組み合わせも検討しましょう。例えば、仲介業者を通じて一般的な買主の募集を行いながら、同時に自身で買主を探す活動を行うという方法もあります。これにより、さまざまなチャネルを活用し、売却の可能性を広げることができます。

売却方法を選ぶ際には、自身のスキルやリソース、時間的な制約なども考慮しましょう。自身で買主を探す方法は自己負担が多くなる一方で、仲介業者を利用する場合は手数料が発生することを念頭に置いておく必要があります。また、売却に関する知識や経験が不足している場合は、専門家のアドバイスやサポートを受けることも検討しましょう。

ひたちなか市での不動産売却においては、ご自身に合った売却方法を選ぶことが成功の鍵となります。物件の特性や目標、自身の能力や時間的な制約などを総合的に考慮し、最適な方法を選んで進めましょう。適切な選択と慎重な準備によって、円滑かつ効果的な不動産売却を実現することができます。

茨城県ひたちなか市
内のエリア紹介
  • 青葉町
  • 赤坂
  • 浅井内
  • 阿字ケ浦町
  • 雨沢谷津
  • 石川町
  • 磯崎町
  • 牛久保
  • 牛久保一丁目
  • 牛久保二丁目
  • 後野
  • 後野一丁目
  • 後野二丁目
  • 市毛
  • 枝川
  • 勝倉
  • 金上
  • 後台
  • 佐和
  • 武田
  • 田彦
  • 足崎
  • 津田
  • 中根
  • 東石川
  • 堀口
  • 前浜
  • 馬渡
  • 三反田
  • 大平
  • 大平一丁目
  • 大平二丁目
  • 大平三丁目
  • 大平四丁目
  • 和尚塚
  • 小貫山
  • 小貫山一丁目
  • 小貫山二丁目
  • 表町
  • 海門町
  • 海門町一丁目
  • 海門町二丁目
  • 鍛治屋窪
  • 春日町
  • 勝田泉町
  • 勝田中央
  • 勝田中原町
  • 勝田本町
  • 上野
  • 上野二丁目
  • 烏ケ台
  • 北神敷台
  • 共栄町
  • 国神前
  • 小砂町
  • 小砂町一丁目
  • 小砂町二丁目
  • 小谷金
  • 西光地
  • 西光地一丁目
  • 西光地二丁目
  • 西光地三丁目
  • 幸町
  • 栄町
  • 栄町一丁目
  • 栄町二丁目
  • 笹野町
  • 笹野町一丁目
  • 笹野町二丁目
  • 笹野町三丁目
  • 沢メキ
  • 獅子前
  • 四十発句
  • 釈迦町
  • 十三奉行
  • 新光町
  • 関戸
  • 相金
  • 相金町
  • 外野
  • 外野一丁目
  • 外野二丁目
  • 大成町
  • 館山
  • 田中後
  • 田宮原
  • 津田東
  • 津田東一丁目
  • 津田東二丁目
  • 津田東三丁目
  • 津田東四丁目
  • 鶴代
  • 洞下町
  • 堂端
  • 堂端一丁目
  • 堂端二丁目
  • 道メキ
  • 殿山町
  • 殿山町一丁目
  • 殿山町二丁目
  • 長堀町
  • 長堀町一丁目
  • 長堀町二丁目
  • 長堀町三丁目
  • ナメシ
  • 新堤
  • 西赤坂
  • 西大島
  • 西大島一丁目
  • 西大島二丁目
  • 西大島三丁目
  • 西十三奉行
  • はしかべ
  • はしかべ一丁目
  • はしかべ二丁目
  • 八幡町
  • 東石川一丁目
  • 東石川二丁目
  • 東石川三丁目
  • 東大島
  • 東大島一丁目
  • 東大島二丁目
  • 東大島三丁目
  • 東大島四丁目
  • 東本町
  • 平磯町
  • 平磯遠原町
  • 富士ノ上
  • 船窪
  • 部田野
  • 堀川
  • 松戸町
  • 松戸町一丁目
  • 松戸町二丁目
  • 松戸町三丁目
  • 廻り目
  • 美田多町
  • 湊泉町
  • 湊中央
  • 湊中央一丁目
  • 湊中央二丁目
  • 湊中原
  • 湊本町
  • 南神敷台
  • 峰後
  • 狢谷津
  • 元町
  • 柳が丘
  • 柳沢
  • 山崎
  • 山ノ上町
  • 和田町
  • 和田町一丁目
  • 和田町二丁目
  • 和田町三丁目
  • 稲田
  • 稲田一丁目
  • 稲田二丁目
  • 高場
  • 高場一丁目
  • 高場二丁目
  • 高場三丁目
  • 高場四丁目
  • 高場五丁目
  • 高場六丁目
  • 高野
  • 長砂
  • 横堰
  • 横田
  • 曲田
  • 神敷台
  • 西鶴子田
  • 扇田谷津
  • 鍛冶屋窪
  • 鶴子田
  • 東塚原
  • 洞下
  • 富士ノ下
  • 涌井戸
  • 勝田
  • 佐和
  • 常陸青柳
  • 常陸津田
  • 阿字ヶ浦
  • 磯崎
  • 美乃浜学園
  • 平磯
  • 殿山
  • 那珂湊
  • 高田の鉄橋
  • 中根
  • 金上
  • 工機前
茨城県ひたちなか市近隣のエリア紹介
  • 水戸市
  • 日立市
  • 土浦市
  • 古河市
  • 石岡市
  • 結城市
  • 龍ケ崎市
  • 下妻市
  • 常総市
  • 常陸太田市
  • 高萩市
  • 北茨城市
  • 笠間市
  • 取手市
  • 牛久市
  • つくば市
  • 鹿嶋市
  • 潮来市
  • 守谷市
  • 常陸大宮市
  • 那珂市
  • 筑西市
  • 坂東市
  • 稲敷市
  • かすみがうら市
  • 桜川市
  • 神栖市
  • 行方市
  • 鉾田市
  • つくばみらい市
  • 小美玉市
  • 茨城町
  • 大洗町
  • 城里町
  • 東海村
  • 大子町
  • 美浦村
  • 阿見町
  • 河内町
  • 八千代町
  • 五霞町
  • 境町
  • 利根町
  • 龍ヶ崎市
株式会社リアルステージ
ロゴ
お客様の財産の価値を高めることを目指し、ひたちなか市で積んだ経験と専門的な知識を用います。物件の評価から近隣の不動産売却の動きに至るまで、情報の透明性を確保しながらお客様との信頼関係を築き上げます。
株式会社リアルステージ

〒312-0044

茨城県ひたちなか市元町3-11